眠りから覚めた2000年前の美しさ「ポンペイの壁画展」@福岡市博物館

遡ること、2000年。ミケランジェロも、ダヴィンチも産まれる前。ずっとずっと昔の南イタリア、ナポリ近郊。 最盛期には2万人が暮らしたと言われるポンペイ。裕福な人々はこぞって高価な顔料を使い、邸宅の壁を装飾し、豊かさと美しさを競っていました。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

その壁の題材は、古代のローマで教養の証とされたギリシャ文化や神話の神々。

ヘラクレスや、アフロディテ、イシスなど、ギリシャやエジプト、ローマ以外の神々も広く受け入れる、おおらかな宗教感を持ち、信仰の対象としていました。
 
富裕層が暮らしたと考えられるナポリとポンペイの中間にあったエルコラーノにもアウグステウムの「赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス」など神話の神々を描いた壁画が残されています。

「ポンペイの壁画展」には青年エンデュミオンに恋をした月の神セレネの神話をモチーフにした壁画があります。

青年エンデュミオンに恋をした月の神セレネ。ゼウスに人間のエンデュミリオンに永遠の命を授けるようお願いします。ゼウスはエンデュミオンの若さと美しさを保つために永遠に眠らせ、夢の中でセレネと夜毎逢瀬を重ねるというものです。

生きていれば老いさらばえるエンデュミオンと、生きた都市であれば、風化してしまったであろうポンペイ。
ポンペイはその栄華と美しさを保つため、眠らされてしまったのでしょうか?ヴェスヴィオ山の噴火により、火山灰と火砕流に飲み込まれ、灰とともに、長く暗い眠りについてしまいます。

そして皮肉なことに、噴火によって消滅した街は、その火山灰が乾燥剤の役目を果たし、街の姿をそのままに保存してくれたのでした。

ローマ帝国の栄華という夢と、再び出会うために長い時を経て、壁画の破片を彩色し、ひとつずつパズルのように組み合わせることで蘇ったポンペイの壁画展。

貴重なこの機会に、どうぞご覧くださいませ。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1義実家に同居…妻の苦労は伝わらず?自己中な旦那をギャフ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子作りを邪魔しているのは姑?!舅姑との同室温泉旅行は、…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【姑にドン引き】近居願望の強い姑が見つけてきた物件は、…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「コンビニワープ」を絶滅せよ!痛ましい幼子の死亡事故発…
    久留仁譲二