【太宰府の梅ヶ枝餅】毎月17日は古代米、25日はヨモギ入り

太宰府天満宮の参道で販売されている名物といえば「梅ヶ枝餅」。通常は白い餅生地ですが、菅原道真公の誕生日(845年6月25日)と命日(903年3月25日)にちなみ、毎月25日にはヨモギが入った梅ヶ枝餅が販売されます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

25日のヨモギ入り梅ヶ枝餅のことは知っていたのですが、最近、「毎月17日には古代米入りの梅ヶ枝餅が販売されるよ!」と聞き、その真相を確かめてみました。
古代米入り梅ヶ枝餅は、2015年11月17日からスタート。どうやら九州国立博物館開館10周年を記念して試験的に提供したところ評判が良かったので毎月17日に販売することになったようです。

古代米入りの梅ヶ餅は紫がかった色で、パリパリした食感が特徴です。
太宰府に行ったら梅ヶ餅!という方は少なくないでしょうが、
毎月17日「古代米入り梅ヶ枝餅」
毎月25日「ヨモギ入り梅ヶ枝餅」
と覚えておくと、いつか何かの役に立つときがくるかもしれません(?)
 

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  3. 3祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その参「雨宿り」
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎