外国人住宅の密集地帯でやぎ肉ハンバーグ!ジーマーミ豆腐も【沖縄県浦添市】

沖縄本島の南側に位置する浦添市は、女優 の仲間由紀恵さんの出身地としても知られていますが、ここで外せないのが「港川ステイツサイドタウン」。ここは、外国人住宅を利用したショップやカフェの密集地で、まるで海外を訪れた気分が味わえます!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

おしゃれに美味に 女子こそいきたい!やぎ肉ハンバーグ

普通の日本の住宅地に見えるのに、このエリアに入った途端にその景色が一変!「港川ステイツサイドタウン」は、戦後米軍統治下時代の沖縄で基地内だけでは軍人家族の住居が足りなくなり、民間の賃貸物件として外国人住宅が建てられたことでできたことでできたそうですが、各ストリートにはアメリカの州の名前が付けられています。

オレゴン州とかミシガン州とかがこの一角におさまっています(笑)。こちらのエリアには、オシャレにリノベーションした雑貨店や飲食店が並んでいます。

 中には、日本風のお店も。この一帯に日本風のお店があると、日本なのに日本街?と勘違いするほどです。

今回は、そんな「港川ステイツサイド」の一角にある「rat&sheep」を訪れました。

店名の由来は、店主の平良淳さんの干支がねずみ、妻の真寿美さんがひつじということによるようです。

店名と関係なく、ここでは、ピンザ=ヤギと豚を合いびきしたご当地メニュー「ピンザハンバーグ」が人気。沖縄ではヤギはスタミナが付く料理として愛されているようです。

ヤギはあまり食べたことがないのでどうかなーと思っていたのですが、まったく臭みはなく、おいしくいただきました!ワインに合いそう!
 平良さん夫妻との会話を楽しみながらののんびりランチタイム。時間ってこんなにゆっくり流れるんですね。

食べ終わった後、ちょっと散策しましたが、近くで遊んでいる子どもから「日本人?」「Where are you from? 」と声をかけられました。日本人ですが、アジア系外国人と思われたのかもしれません。でも、屈託なく外国人だろうが日本人だろうが声をかけてくる子どもたちの明るい笑顔になんだか元気をもらいました。

[rat&sheep]
沖縄県浦添市港川2丁目13-9
月〜土 10:30〜17:00(金、土のみ 19:00〜24:00)
098-963-6488

もちもちツルツルン まるでスイーツなジーマーミ豆腐

そして、浦添市でもうひとつ外していけないのが、沖縄の郷土料理「ジーマーミ豆腐」を販売している「トミ家工房」。こちらの「トミちゃんのジーマーミ豆腐」は、地元の人はもちろん、観光客がお土産として買い求めることで有名なお店ですが・・・、あいにく訪れた日はまさかの定休日(日曜日)。諦めきれず、ネットで探してみたらなんと、近くのスーパーで販売しているとの情報が!さっそく、スーパーに寄ってみるとジーマーミ豆腐を発見!

ジーマーミとは、沖縄の方言でピーナッツのことらしく、ジーマーミ豆腐とは、大豆の加工品ではなく、落花生の搾り汁をサツマイモのでんぷんで練って固めた沖縄の郷土料理だそうです。

これはもはや豆腐というより、デザートです。甘い、みたらし団子を彷彿とさせる蜜に、もちもちツルルンとした食感。クセになりそうです。新感覚のデザートとしてさらに今後人気がでるような予感。みなさんもぜひ食べてみてくださいね!

[トミ家工房]
沖縄県浦添市仲間1-2-10
9:00~18:00
098-875-5555

※掲載されている情報は、2017年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1若者が使う「ちかっぱ」って、どういう意味?バリとの違い…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2めずらしくパパとくっついて寝ていた6歳娘の驚愕の一言!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  4. 4高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408