【自称イクメン】育児のイイトコだけ…ついに鉄槌が下される事件が!

「イクメン」という言葉が定着した一方で、育児の良い部分だけつまみ食いして、大変なところは奥さんに押しつける、自称イクメンも増殖中。SNSで子育てアピールをする自称イクメンが、化けの皮をはがされて、痛い目を見る話をしましょう。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
kimi21さんによる写真ACからの写真

私事ですが、先日92歳になる祖母とおしゃべりしていると、こんな話題になりました。
「最近の男の人は、赤ちゃんの抱っこ紐をつけてくれるのねぇ。じいちゃんなんて『男が、外で赤子を抱くなんてみっともない!』って、先にスタスタ歩いて行って、なんの役にも立たなかったわ!」
30年前に死んだじいちゃん、70年前の出来事を、未だに根に持たれていました。(苦笑)女性は、半世紀経っても、育児中の恨みをありありと思い起こすことができるんですね。
そして、大正生まれの祖母から見れば、現代の男性は皆イクメンに見えるようですが、実情はどうでしょう。
「貴方の旦那さんはイクメンですか?」
そう尋ねられて、「もちろん!」と即答できる女性は、少ない気がします。
逆にオムツ替えや休日に子どもと遊ぶだけで、イクメンぶる男性の多いこと!
友人Aの旦那は、残念なことに、そんな自称イクメンの一人でした。
結婚前から「俺は子ども好きだから、絶対イクメンになるよ!子どもは3人欲しいな。息子とサッカー、娘とデートするのが夢だったんだ」と言い、赤ちゃんが生まれると、メロメロになって子育てをしていました。
ただし、育児の良いところ限定で。

例えば、オムツ替えはしてくれるけれど、おしっこの時だけ。プーンと臭くても知らんぷりで、「おーい!臭いからうんちじゃない?」と言いだし、結局オムツ替えはしません。
もちろん、赤ちゃんが夜泣きをしても、絶対に起きません。Aが眠い目をこすりながら3時間も抱っこして、ようやく寝かしつけたのに、旦那の寝屁で赤ちゃんを起こした時は、「コイツどうしてくれよう・・・!」と怒髪天をつくほど、怒り狂っていました。
まったく育児において戦力外だった旦那ですが、Facebookで子育て日記をつけて、友人達から「いいね!」をもらうのは大好き!
沐浴をする自分。(洋服の準備や着替えはAが担当)
抱っこ紐で赤ちゃんとお散歩する自分。(赤子と旦那の荷物を全部持つA)
離乳食をあげる、面倒見のいい自分。(もちろんAが離乳食を調理)
毎日のように、赤ちゃんの写真をアップして、自分のイクメンぶりをアピールしていました。実際に育児しているAは、日々忙しすぎて、携帯電話をチェックするヒマもないのに!
そんなイクメンぶる旦那に、ついに鉄槌が下される事件が起きたのです。

coji_coji_acさんによる写真ACからの写真

いつものように、赤ちゃんと入浴していた旦那が、「おーい!早く来て!!!」と風呂場で叫んでいます。
Aが急いで見に行くと、赤ちゃんを抱きかかえたまま、アワアワしている旦那と、バスタブに浮かぶウンチが、目に飛び込んできました。
Aは「すぐに戻るから、そのままで待っていて!」と言い残すと、すごい速さでビニール袋と携帯電話を手にとり、戻ってきたかと思うと、バシャッと携帯電話のカメラで、風呂場の惨劇を激写しました。
「え?!あ?!なにしてんの?!うんちどうにかしてよ!」と悲鳴をあげる旦那から、赤ちゃんを受け取り、かわりにビニールを手渡して、
「うん!ビニール持ってきてあげたから、拾ってトイレに流してね。よろしく!」
と言い残して、Aは立ち去りました。
そして赤ちゃんを着替えさせたら、久しぶりにFacebookにアクセスをして、風呂場での顛末と、慌てる旦那の写真をアップしました。もちろん局部は、しっかり黒丸で隠して!
するとあっという間に「いいね!」の嵐。旦那と共通の友人も、次々Aの投稿を共有してくれました。最終的に100件を越える「いいね!」を獲得して、旦那のイクメン詐称の事実も周知されたのです。
 
今でもあの日の事件は、私達の記憶に鮮明に残り、笑い話になっています。
そして旦那が、育児の大変な部分を押しつけてくると、Aは「またFacebookで暴露するよ!」と脅しをかけながら、夫婦二人で協力しながら、子育てを頑張っています。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【夫の実家でドン引き】産後の私を襲った驚愕の習慣!
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 【自称イクメン】育児のイイトコだけ…ついに鉄槌…