【ママ友トラブル】なんでも真似するマウンティングママ。ついに高級ピアノを購入!?

古くはペアルック、最近では双子コーデ。女性は、お揃いが大好き。 心理学的に女性は、同じ物を身につけたり、同じ行動をすることで、親近感を得たり、同調欲求を満たして、安心する傾向にあるようです。 けれど、一方的に真似されたら・・・?間違いなく不愉快ですよね。 学生時代からずっと、友人にファッションや持ち物を真似されてきた、ある女性の反撃を、ご覧下さい。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

高校時代の友人Aは、センスが良くて、プチプラなのに、お値段以上に素敵な物を見つけるのが得意でした。垢抜けたAのファッションや持ち物は、同世代の少女達にとって、羨望の的。
雑誌の中のモデルよりも、Aはずっと身近なお手本で、同世代のファッションリーダー的な存在でした。
そんな中で異質だったのが、Aの幼なじみで、腐れ縁のB。
お金持ちのお嬢さんで、いつでも自分が一番注目されないと気が済まないタイプで、Aが周囲から誉められるたびに、つまらなそうな顔をするのです。
ある時、「Aのバッグ、すご~く可愛い!どこの?」と盛り上がったことがありました。
Aがヴィンテージショップで見つけた、掘り出し物のバッグは、びっくりするくらい安いのに可愛くて、「やっぱりAは買い物上手」と友人達は頷きあいました。
 
そして数日後、Bは、似たようなデザインと色のブランドバッグを持ってきました。
「ヴィンテージショップって、いわゆる中古でしょ?他人が持っていたものなんて、正直気持ち悪くって、私は駄目なの」
そんなマウンティング付きで、新しいバッグを自慢しました。
 
またある時は、Aがセール服を上手にコーディネートしていると、Bはそっくりなファッションで言うのです。
「セールの洋服って、色んな人が触ってグシャグシャじゃない。結局、セール除外品の洋服ばっかり、目についちゃうのよね」
 
Bは真似するだけでなく、同じブランドのワンランク高いグレードのものや、そっくりなデザインで高い物を選んで、張り合うから、たちが悪い。
周囲が、Bをたしなめても、どこ吹く風で、「似てるかな?Aが私の真似しているんじゃない?」なんて堂々と開き直る始末。
なぜか、真似されているA本人は、さほど気にしていないようでした。

二人が社会人になってからも、Bのマウンティングは続きました。
Aが彼氏からもらったアクセサリーを身につけてくると、次回、Bは必ず似たようなデザインの高級アクセサリーを見せびらかすのです。
「彼氏がプレゼントしてくれたんだけど、全然趣味じゃなくて!でも可哀想だから、使ってあげるの」
 
数年後、二人に子どもが生まれると、Bのマウンティングは悪化。
Aがインスタグラムで、子供服のコーディネート写真を公開していると知ると、Bはチェックを欠かさず、似たようなデザインのブランド子ども服を着せて、ご満悦。事情を知らないママ友から「センスがいい」と誉められるのだと自慢していました。
 
Aの子が、徒歩圏内に公立幼稚園がないという理由で、私立幼稚園に入園すると、Bは、子どもをセレブ私立幼稚園に入園させて、制服の費用や入園金の高さをひけらかしました。
 
周囲は「いい加減、Aがきれるんじゃ・・・」とハラハラしていたものの、やはりAはちっとも怒らず、気にしていないようでした。

そして数ヶ月後、久しぶりにランチ会で集まると、Aが「子どもが習いたいっていうから、ピアノをはじめたの」と話題に出しました。もちろんAの動向とあれば、聞き逃さないB。
 
Bの子は、体を動かすのが大好きなスポーツ少女なのに、すぐにハイブリッドピアノを購入して、有名な音大出身のピアノ講師のレッスンを受け始めました。
ピアノのお値段は、約50万円也。レッスン料も馬鹿になりません。
 
ところが、元々、ピアノに興味のない子が、練習なんてするはずもなく、レッスンの日は毎回親子げんか。ついにピアノ講師も困って「Bさんのお子さんは、ピアノにまったく興味がないようなので、他の道を進まれたほうがいいのでは・・・」とさじを投げてしまいました。
 
いつもは真似して、マウンティングをかましてきたBでしたが、珍しく弱気に・・・。
それでも「意地でも習わせ続けて、プロのピアニストにするのよ!」と息巻いていました。
 
ここまで読んでいただいた方は、お分かりかもしれませんが、実は、Aの子はピアノを習っていません。本当にやりたかった水泳教室に、毎週楽しく通っています。これまでBをスルーし続けてきたAですが、さすがに我が子の真似だけは勘弁と先手を打っていたのです。
 
「Bには内緒ね」Aはクスッと笑いました。

※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1義実家に同居…妻の苦労は伝わらず?自己中な旦那をギャフ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子作りを邪魔しているのは姑?!舅姑との同室温泉旅行は、…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【姑にドン引き】近居願望の強い姑が見つけてきた物件は、…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「コンビニワープ」を絶滅せよ!痛ましい幼子の死亡事故発…
    久留仁譲二
  • トップ
  • 【ママ友トラブル】なんでも真似するマウンティン…