時代が変わっても“母の味”を忠実に守り続ける「もつ料理 かわ乃 」

創業50年以上の名店の秘密に迫る企画【老舗探訪】。 今回は、創業63年、「もつ料理 かわ乃」をご紹介します。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

ニラとホルモン、博多もつ鍋の発祥

1953(昭和28)年、元公務員の井上富子さんが店作りに協力した河野貫六さんとともに創業。
「安くて栄養満点。おなかいっぱいになる料理を」と考案したしょう油味のホルモン鍋が、博多のもつ鍋の発祥とされています。一人娘を育てるために必死で働いた富子さんは、仕入れ、調理、接客を一人でこなす多忙な日々を送っていました。創業から約20年後、成人した娘の恭子さんが店を引き継ぐことになりました。


スープなし、ニラたっぷりの酒のアテ

創業当時は1人前100円以下。スープなし、ニラのみで味わうのが主流でした。

夏場は手ぬぐいとうちわを持参して、ランニングシャツにステテコ姿で鍋をつつく、余りの酒を鍋に注す、近所の製麺所から麺を持ち込むなど、人それぞれの楽しみ方があったといいます。キャベツの追加、スープの量、もつの種類は時代にあわせて変化しましたが、それでも変わらない“母の味”を、恭子さんは忠実に守り続けています。



老舗のひとこと

もつは毎日2時間かけて、流水で丁寧に洗い流しで“掃除”します。大変だけどこれがすべて。鮮度と味を守るためには欠かせないことですね。

3代目女将 井上恭子さん

《もつ料理 かわ乃 春吉本店》

福岡市中央区春吉2-16-8
TEL/092-761-2926
営業時間/17:00~23:30
定休日/不定

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  2. 2「LINEの使用を禁止します」園長先生の一言にママたち…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4不謹慎? 子どもを公園で遊ばせていたら苦言を呈されて…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部