実寸大のねぶた登場!市川海老蔵主演 歌舞伎「石川五右衛門」博多座で開幕!

市川海老蔵主演博多座十一月花形歌舞伎『石川五右衛門』が11月3日、博多座で開幕します。11月27日まで。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

大ヒット漫画「金田一少年の事件簿」「神の雫」の原作者である樹林伸が“秀吉と五右衛門が親子だった”という新解釈を打ち出し、平成21年8月に新橋演舞場で上演された『石川五右衛門』。その後、五右衛門が海を渡り中国大陸で敵役のワンハン(中村獅童)と対峙し大暴れする冒険譚に進化を遂げ、博多座公演ではさらにスケールアップ!五右衛門が、連れ去られた茶々(片岡孝太郎)と共に帰国するラストシーンでは、実寸大のねぶた、津軽三味線、大太鼓、日本舞踊などあらゆるものを取り入れた“五右衛門祭り”で壮大な幕切れの演出となります。

平成の五右衛門・市川海老蔵さんは

「昨年、青森ねぶた祭で、私の三升景清をモデルとするねぶたが登場しまして、そのねぶたを舞台に出せないものかと考えたところ『石川五右衛門』だ!ということになりました。」
「今回は最後が本当にぶっとんで.....いますよ。上妻(宏光)さんの津軽三味線は最高ですしね。博多座公演はパワーアップしたものになると思います。」

と博多座公演の“五右衛門祭り”の演出に期待を寄せています。

圧倒的なスケールで観客の度肝を抜く“五右衛門祭り”。平成の五右衛門・市川海老蔵の迫力ある舞台をお見逃しなく!


博多座十一月花形歌舞伎『石川五右衛門』
公演期間:11月3日(木・祝)~27日(日)
会場:博多座(福岡市博多区下川端町2―1)
観劇料(税込)A席18,000円 特B席15,000円 B席12,000円 C席5,000円

チケットの問い合せ:092-263-5555(博多座電話予約センター)

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【別府温泉が、おうちに届くキャンペーン中!】話題沸騰!…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4お出かけ時用マスクフォルダを100均クリアファイルで作…
    ちあきんぐ
  5. 5【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部