【お墓参りについて調査】年1回以上お墓参りをしている人は何%?

お盆の時期を迎え、お墓参りの習慣に変化があるのか、お墓参りについての実態を把握するために、全国石製品協同組合が全国40代~70代以上 男女1,024名を対象に実施した「お墓参りに関するアンケート調査」の結果が発表されました。お墓参りに行く人の実態とは…?  【調査期間】2016年6月1日~2016年6月8日   【調査方法】インターネットリサーチ
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

■約90%の人は年1回以上お墓参り。もっとも多いのは2回の25%、お墓参りへ行きたくないは4%。

■お墓参りは50代以上で7割弱が「年2回以上」、40代でも6割弱が年2回以上お墓参りへ

年代別では、年代が上がるにつれお墓参りの回数が増える傾向にあり、60代では、71.6%、70代では81.4%が年2回以上お墓参りへ行くという結果が出ています。また40代でも60%弱が年2回以上のお墓参りをしています。

■墓参の時期は、「お盆休み」が約70%で最多、次いで「春・秋のお彼岸」などの時節行事にする人が多く次いで「故人の命日や月命日」と続く

墓参の時期をたずねたところお墓参りへ行く「時期」で最も多かったのが、『お盆休み』という回答が最も多く、お墓参りに行く1,024名中、約7割(718名)がお盆休みと回答、続いて、「春彼岸」、「秋彼岸」、「故人の命日や月命日」と続き時節行事・命日等の節目に墓参する傾向がありました。

昨今、「墓離れ」「墓じまい」など、供養への関心が薄れつつあるのでないかと思わせる言葉が使われることがありますが、 今回のアンケート結果を見る限り、墓参の割合、頻度、墓参時期、年代別にみても、お墓や供養、時節行事を大切にする習慣や文化が依然として継承されていることがうかがえました。

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 【お墓参りについて調査】年1回以上お墓参りをし…