福岡市美術館にゴジラ襲来!「ゴジラ展」開催[7/15-8/31]

福岡市にゴジラ襲来!福岡市美術館(中央区大濠公園)で7月15日(金)、「ゴジラ展―大怪獣、創造の軌跡(あしあと)」が始まりました!8月31日(水)まで。

1954(昭和29)年に公開された東宝映画「ゴジラ」は、ミニチュアと合成を駆使した迫真の特撮、そして水爆実験の影響で怪獣が生まれる、という人類規模の災厄を生んだ科学技術への疑念という社会的テーマ等が結晶した、比類ない作品でした。

怪獣ゴジラの魅力と相まって大ヒットとなった「ゴジラ」は、「特撮」というジャンルを日本映画に確立し、以後、昭和30年代から平成、そして21世紀に入った2004年までに、50年間で28作に及ぶ大きな足跡を日本映画史上に刻んでいます。

会場では、撮影に使用したゴジラやキングギドラなどの着ぐるみや、特撮美術監督として活躍した古賀市出身の故井上泰幸さんが描いたデザイン画など約680点を展示。写真撮影ができるスポットもありますので、夏休みの思い出づくりにもオススメです!

こんな特撮もとれます。

ゴジラ人気は衰えを知らず、7月29日には、国産ゴジラ映画としては12年ぶりの新作となる「シン・ゴジラ」が公開されることになっています。

【ゴジラ展 大怪獣、創造の軌跡(あしあと)】

■期間

2016年7月15日(金)〜8月31日(水)9:30〜19:30(日曜・祝日は17:30まで)※入館は閉館の30分前まで

■場所

福岡市美術館(福岡市中央区大濠公園1-6)

■料金

一般/1,400円(1,200円)、高大生/800円(600円)、小中生/500円(300円)

※( )内は前売り、20名以上の団体および満65歳以上の方の割引料金。満65歳以上の方はチケット購入時に年齢がわかるもの【健康保険証、運転免許証等】を提示のこと。

※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料。

※チケットは、ローソンチケット(Lコード82620)、チケットぴあ(Pコード767-516)、セブン-イレブン、イープラス・ファミリーマートほか主要プレイガイドにて販売中。

※会期中のチケットは当日料金での販売となります。

※チケットは購入の際に各プレイガイドによって各種手数料がかかる場合があります。ご了承ください。

■休館日

毎週月曜日(ただし、7月18日は開館し翌日休館)

■お問い合わせ

福岡市美術館 TEL:092-714-6051

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その拾陸(じゅうろく)「姿見」
    チョコ太郎
  2. 2祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  3. 3祖母が語った不思議な話・その拾玖(じゅうきゅう)「四ツ…
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その拾捌(じゅうはち)「新しい…
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その捌(はち)「はやく来い」
    チョコ太郎