開館20周年☆福岡市総合図書館へ行こう!

図書館の始まりは櫛田神社?
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

1996年6月に開館した福岡市総合図書館は、今年で開館20周年。
現在、1階ギャラリーでは「福岡市の図書館のあゆみ展」が開催中(7月31日まで)。
「総合図書館ができる前、市民図書館と呼ばれた施設はどこにあった?」「図書館の始まりは櫛田神社ってほんと?」など、江戸時代から現代までの公文書や資料などが展示され、図書館の歩みを紹介しています。
 
アジア映画の名作上映

約130万冊の蔵書を誇る西日本有数の図書館では、アジアフォーカス・福岡国際映画祭参加作品を中心とする秀作映画525本をはじめ、日本映画の名作など合計997本を保存。
開館20周年を記念し、映像ホール「シネラ」では、「アジア映画名作選」と題して13作品を上映中(6月25日まで)。

貴重な名作をこの機会にぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。
●大人500円、高大学生400円、小中学生300円

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部