開館20周年☆福岡市総合図書館へ行こう!

図書館の始まりは櫛田神社?
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

1996年6月に開館した福岡市総合図書館は、今年で開館20周年。
現在、1階ギャラリーでは「福岡市の図書館のあゆみ展」が開催中(7月31日まで)。
「総合図書館ができる前、市民図書館と呼ばれた施設はどこにあった?」「図書館の始まりは櫛田神社ってほんと?」など、江戸時代から現代までの公文書や資料などが展示され、図書館の歩みを紹介しています。
 
アジア映画の名作上映

約130万冊の蔵書を誇る西日本有数の図書館では、アジアフォーカス・福岡国際映画祭参加作品を中心とする秀作映画525本をはじめ、日本映画の名作など合計997本を保存。
開館20周年を記念し、映像ホール「シネラ」では、「アジア映画名作選」と題して13作品を上映中(6月25日まで)。

貴重な名作をこの機会にぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。
●大人500円、高大学生400円、小中学生300円

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎