亀爺(かめじぃ)の春のほっつき歩きの巻

春の陽気に誘われ、先ほど西日本新聞記事で見た「筥崎宮神苑花庭園」を散策。 ぼたんだけでなくたくさんの花が咲いておったぞ。 静寂な入口を抜けると小さな花々が所狭しと迫ってくる。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

花の名前に疎い亀爺だが、この際少しでも花の名前を覚えようとメモしてみた。
 
①ケマン草はハート型の花で鯛が釣竿にぶら下がっているように見えるため、「タイツリソウ」ともいうそうだ。

②姫うつぎ(空木)。昔はウツギの花が多い年は豊作だと占っていたそうだ。

③リナリアは小さな花で金魚のシッポのようで群生しておったぞ。

④花菱草は家紋の花菱に似ているためこの名がついたそうで、鮮やかなオレンジ色をしていた。

⑤バージニアストックは淡い紫色だが時間がたつと色が濃くなるそうだ。いずれも小さくて、淡い色。派手さはないが元気よく咲き乱れていた。

⑥最後にぼたん(牡丹)。別名「百花の王」といわれるにふさわしい華麗な花を咲かしておった。色も赤、ピンク、白と今を盛りとアピールしておった。

亀爺にはちょっと刺激が強すぎる感はあったが・・・。
 
また庭園は新緑に囲まれた小道を歩くと、心地よい眠りに誘われるほどであった。

あー、満足の時間をありがとう。

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1若者が使う「ちかっぱ」って、どういう意味?バリとの違い…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2めずらしくパパとくっついて寝ていた6歳娘の驚愕の一言!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  4. 4高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  • トップ
  • 亀爺(かめじぃ)の春のほっつき歩きの巻