出産の喜びから一転、夫婦を襲う産後クライシス

クライシス??危機ってことですか?? ここ近年、子育ての世界の中で「昔はなかったんだろうな~。」っていうカタカナの言葉をよく耳にするようになったやのっちパパです。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

【イクメン】、【ワークライフバランス】、そして今回のテーマ【産後クライシス】
もう当たり前になりつつある、この言葉
今回は、この産後クライシスについて考えてみたいと思います。

・そもそも産後ってどんな状況?

字のごとく、「産後」は出産した後の時期
いつまでなのかは、その定義がバラバラとのこと。
健康保険上では、「産後」の就業禁止期間は8週間なので8週間
いやいや育児休暇っていうのは出産から1年とあるから1年
ほんとバラバラです。
ともあれ、ママにとってその「産後」というのはどんな状況なのか?
もう男である私には想像を絶する状況とのこと。

妊娠してつわりや陣痛、そして出産
そこまでの痛みや大変さは知っています。(分かっているではなく、知っているだけです。)
しかしながら出産した後のこの産後の時期も大変なんです。
妊娠、出産で命をかけて次なる命を生む。

その身体は満身創痍、交通事故にあったような状況らしいです。
身体はボロボロ…。下半身は出産時の痛みをまだ抱えたまま…。

骨盤の痛みや関節痛は日常茶飯事。
そして生まれたばかりの子どもの世話、授乳、夜の夜泣きで寝れない。

抜け毛は増えるし、皮膚は荒れるし…。
そう出産しても、女性の悲鳴は続いているのです!!

・【産後うつ】【マタニティーブルー】とどう違うの??

男性でも聞いたことがあると思います。
妊娠中や出産後に現れやすいママの状況のことです。

【産後うつ】

産後に発症するうつ病で、10~20%に生じるとされています。1日中気分が沈む、日常生活の中で興味や喜びが感じらない、赤ちゃんに何の感情もわいてこない、食欲もなく体重が減る、不眠/睡眠過多などがサインとなります。(母子衛生研究会引用)

【マタニティーブルー】

妊娠中や出産直後の母親にみられる抑鬱や精神的に不安定な状態のこと。(ネット大辞典引用)
この上記の2つもよく出る状況です。
この2つの違いは、その時期(出産後からか、妊娠中からか)とかもありますが…大きくは、産後うつは治療が必要な「病気」であり、マタニティーブルーは自然に治っていく状態のこと。
しかしながら、この2つも産後のママたちを苦しめているには違いありません。
割合的には両方合わせると5人に1人のママが苦しんでいるとのこと。

そして2012年、テレビ番組の特集で反響を呼び、定着した新たな苦しみの1つが【産後クライシス】

どちらかといえば【産後うつ】に近いと言われていますが、それに加えて…ママ側の心身的な問題もそうですが、メインとしては夫婦間の悪化の危機こそがこの【産後クライシス】といいます。

・【産後クライシス】とは?

世界に比べ、日本はその文化性から「産後の夫婦間の悪化」の話は、飲みの席で酔った勢いとかホントに心を許した人にしか言わないほど、直視することを避けられて来ました。

所謂「セックスレス」や「出産後急激な愛情の減少」など。

なので…簡単に説明すると

【出産後に夫婦ともに互いへの愛情が急速に下がる実態。特に妻から夫への愛情の低下が大きいことが特徴】=【産後クライシス】

いやいや、またママですか??
どれだけ出産後、ママたちは身体的にも、そして心理的にも苦しむんですか??

まさに危機ですね。産後は危機です!!
当たり前ながら、ママの問題は…
パパにも繋がり、家庭にも影響をもたらすのです。

なので…簡単に説明すると
【出産後に夫婦ともに互いへの愛情が急速に下がる実態。特に妻から夫への愛情の低下が大きいことが特徴】=【産後クライシス】
いやいや、またママですか??
どれだけ出産後、ママたちは身体的にも、そして心理的にも苦しむんですか??
まさに危機ですね。産後は危機です!!
当たり前ながら、ママの問題は…
パパにも繋がり、家庭にも影響をもたらすのです。

決して、ママだけの問題ではない!ということを忘れずに!!
しかしながら最初にも言いましたが、私も含め男性(夫)って…
「妊娠中、出産時は本当に女性って大変なんだ。」って知っています。
知っているからこそ、その時期は特に協力したり支えたりと意識しています。
そして迎える出産。生まれてきた子どもの可愛さや安堵感、嬉しさ。
それにより男性は一気に気が抜けるというか、今まで通りというか、意識が薄れていきます。 
しかしながら女性の大変さや苦しみはまだまだ続いているわけで…その溝から生まれていくのが、この【産後クライシス】かもしれません。
危機は安心した後に、やってくる!
それに男性は気づいていない。女性は心身的にも気づいている。
そしてこれが大事件へと繋がっていくことも…。
そう離婚問題。
実は子どもが0~2歳のうちに離婚する夫婦が多いとの調査結果もあります。

ん??その時期って、ちょうど私たちやのっち夫婦、対象ではないですか?
え??実は私たちも【産後クライシス】では??
きっとそう焦るママ達、パパ達もいることでしょ~。
次回は「何が産後クライシスなのか?」「あなたたち夫婦は大丈夫か?」
そして「一体、何が原因なのか?」とかを見ていこうと思います。

※情報は2016.5.24時点のものです

やのっちパパ
※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「チョコレートショップ」がパリ出店!3代目佐野恵美子さ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子どもの携帯代が高いと思う方へ ~私は、100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【続編】子どもの携帯代が高いと思う方へ~100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 出産の喜びから一転、夫婦を襲う産後クライシス