父から、娘へ。「あの絵本の意味」 【クリスマスの贈り物2016】

クリスマスは大切な人に思いを伝える1年でも最大のチャンス。 西日本新聞と福岡ビィーキで、「あなたの思い出に残る贈り物のエピソードを教えてください」と募ったところ、たくさんのメッセージが寄せられました。 いずれも相手を大切に思う気持ちが伝わる、ステキなエピソードばかり。 全部紹介できないのが残念ですが、これからクリスマス直前まで、ご応募いただいたエピソードと、福岡市内のお店のおすすめギフトを、一日一つずつご紹介していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

クリスマスまであと9日

今日はI・Hさん(糟屋郡/52歳)のエピソード。

父から、娘へ。
「あの絵本の意味」

 姉が7才、私が5才の時、父は病死した。

姉が父からもらった最後の誕生日プレゼントは絵本だったが、何度か引っ越すうちに、なくしてしまった。

40年以上経て、姉が「あの絵本を選んだ意味があったのではないかな?」と言うので、今年の姉の誕生日にその絵本をプレゼントした。

 その本では、働き疲れた年老いた機関車が、決められた路線を外れて旅をする。

その途中で妹の病気を治すために不思議な花を探す少年に出会い、手助けしているうちに、走る気力を取り戻すというお話だった。

死にゆく父は、「姉妹、仲良く生きていくように」と絵本をくれたのだろう。

大人になって読むと、病室にいた父が、走りたくても走れなくなった機関車だったのではなかろうかと感じ、ちょうど長年勤めた職場を離れたばかりの私の心に、光が差したように温かい気持ちになった。

お父さん、ずっと姉妹仲良く、生きてきたよ。

お母さんも元気に長生きしてるよ。

素敵な絵本をありがとうね。

「男性のエレガントって素敵」
ポケットに差し込むだけの簡単チーフ。選べる柄と形状でお気に入りの形を崩れることなくキープ! ※高さの調整機能付 フィックスポン各3,780円/紳士洋品売場(大丸福岡天神店 本館4F)

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 父から、娘へ。「あの絵本の意味」 【クリスマス…