夫から、妻へ。「1000円のプレゼント」 【クリスマスの贈り物2016】

クリスマスは大切な人に思いを伝える1年でも最大のチャンス。 西日本新聞と福岡ビィーキで、「あなたの思い出に残る贈り物のエピソードを教えてください」と募ったところ、たくさんのメッセージが寄せられました。 いずれも相手を大切に思う気持ちが伝わる、ステキなエピソードばかり。 全部紹介できないのが残念ですが、これからクリスマス直前まで、ご応募いただいたエピソードと、福岡市内のお店のおすすめギフトを、一日一つずつご紹介していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

クリスマスまであと12日

今日はA・Mさん(福岡市/39歳)のエピソード。

夫から、妻へ。
「1000円のプレゼント」

結婚してから、クリスマスは1000円のプレゼント交換が恒例となった。

1000円って、意外とむずかしい。

お互いが欲しそうなものを、1か月前からそれとなく探り合う。

一番楽しい1か月。

私がいままでもらったものは、色鉛筆・絵本・5本指くつ下・ハンドクリーム・ガーデニング用スコップなど。

振り返ると、私がその年一番はまっていたものの歴史が一目で分かる。

 去年のクリスマスは、私は主人にマグカップを送った。

主人は千円のプレゼントとは別に、「おまけ」と言ってネックレスをくれた。

結婚10周年のクリスマスプレゼント。

思いがけないサプライズが、とってもうれしかった。

今年も、その時期が来た。そろそろリサーチ開始。今年はなににしようかな。

「木の温もりを肌で感じて」
スイス生まれの木製玩具。ビー玉が落ちていくたびに、カラコロと木の優しい響きが聴こえる。 カラコロツリー(S)6,156円/文具と雑貨のお店 ウール(木の葉モール橋本1F)

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  4. 4感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部
  5. 53歳の息子に胎内記憶を聞いたらビックリ!生前記憶を語り…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 夫から、妻へ。「1000円のプレゼント」 【ク…