ローズの恋心 ローズ・アブソリュート~緑のアロマ部屋vol.32

こんにちは。看護師・アロマセラピスト 緑です。 梅雨入りし、紫陽花が綺麗に咲いていますが、またまたローズについて。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

今日はローズ・アブソリュートのご紹介と、患者さんのお話を。

溶剤抽出法という手法で、芳香物質が抽出されます。抽出時、熱が加えられていないので、水蒸気蒸留法で抽出されるローズ・オットーよりも、 バラの花そのもののような香りがします。
 
溶剤石油エーテルやアルコールが残ることがあるので、人によっては肌に刺激を感じることがあります。マッサージなど肌につけるよりも、香水など香りを楽しむ使い方がおススメです。
 
商品名では、アブソリュートは"Abs."と表記されることもあります。(ローズAbs、ジャスミンAbsなど)
 
ローズ・オットー同様に、哀しみや抑圧されたトラウマを慰め、安心感と幸福感をもたらす作用があります。ホルモンバランスを整え、月経の周期を整えたり、月経前緊張症を和らげるなど、女性特有の症状にも効果的。
 
また、女性だけでなく男性の不妊症にも効果があるとも言われています。さらに。ローズ・アブソリュートに多く含まれる香気成分、フェニルエチルアルコールには育毛効果があるらしいです。
 
お花が大好きで、自宅の庭でバラも育てている患者さんがいらっしゃいました。

病気がわかった時には、すでに手術などができない状態で、緩和ケア病棟に転院されてきました。これまで病気をしたことがなかったご本人はもちろん、ご主人や息子さんたちもショックを受けていました。
 
お部屋にごあいさつに伺うと、張り詰めた空気が漂っています。
 
症状緩和のために、アロママッサージをさせてほしいと伝えた時、ご本人よりもご家族が乗り気でした。「おかあさん、マッサージなんてしてもらったことないでしょ?せっかくだから受けたら。」と勧めてくださいます。
 
マッサージ中、徐々に患者さんの表情が緩みます。「アロママッサージってこんなに気持ちよかったとねえ。はー、天使の手やね。」笑顔の患者さんを見て、娘さんの目に涙が。私の目も潤んでしまいました。

それから訪室の度、ご主人が出迎えてくれるようになりました。「おかあさん、マッサージの人が来てくれたよ!」と言って、ベット近くに寄せていた椅子を下げられます。
 
そのまま側にいらしてください。とお伝えしても、いいからいいからと少し離れるのです。
 
「あー、眉間のシワが減ったね。気持ちいいんでしょうね。」「おかあさん、気持ちいいね?よかったね。」などとほっとされます。

マッサージ中、患者さんが眠っている時に、おとうさんとお話をしました。「あんまり旅行なんかに連れて行ってなかった。これからって思っとったのに。」「ひとり残されたらどうしたらいいか。おかあさんが俺を看取ってくれんといかんかったのに…」
 
寝息をたてる患者さんの手を、そっとさすられます。
 
ある日。高熱で熱くなっている患者さんの手を、ご主人が握りしめています。「がんばれ、おかあさん。がんばれ!」「お母さんがいなくなったら、俺はなんもわからんよ。どうしたらいいか。」
 
ご主人の泣きそうな顔につられるように、患者さんも眉間にシワを寄せています。
 
いたたまれず、お顔のマッサージをしながら、ご主人に話しかけました。
 
『おとうさん、前からおかあさんと手をつないだりしてました?』「え?…いやー、買い物とかにはいつも一緒だったけど、手をつないだのは初めてかもね。ね、おかあさん。」と照れくさそうに話してくれました。患者さんのお顔が、なんだか笑ったように見えました。

徐々に状態が変化してきた頃、息子さんが「マッサージを受けている時の母の顔はとても穏やかです。最期はマッサージを受けながら逝けたら幸せだと思う。」と言われました。
 
そこまで言っていただき、看護師として、アロマセラピストとして責任と感謝の気持ちがあります。でもやはり、最期はご家族の手を感じながらその時を迎えられたらと、私は思うのです。
 
それから少しずつ、ご家族と一緒にマッサージをするようにしました。
 
最期の日。ご主人が、患者さんの手をしっかりと握りしめ、名前を呼びかけました。「〇〇ちゃん、ようがんばったね。」
 
ご主人が、名前で呼びかけられたのを、初めて聞きました。
日に焼けたおとうさんの手と、白い白いおかあさんの手がしっかりと合わさっていました。
統計もあるのですが、配偶者との死別による悲嘆は、男性の方が強いようです。患者さんは、ご主人のことが心配でたまらず、意識がなくなってからもがんばっていたように思います。

おかあさん、今年のバラも楽しみにされていましたよね。吐き気がなければ、ローズの精油の香りを嗅いでもらいたかったです。
 
おとうさん、気丈に見送ってくださいましたね。これからのおひとりでの生活を、娘さんたちと同じように私も心配しています。寂しくなったら、おかあさんと話したくなったら、おかあさんの思い出話をしにいらしてください。
 
ローズのハーブティー、おかあさんの分も入れますからね。
(ローズ・アブソリュートは皮膚刺激が起こる可能性があります。妊娠中の使用はおすすめできません。)

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1義実家に同居…妻の苦労は伝わらず?自己中な旦那をギャフ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子作りを邪魔しているのは姑?!舅姑との同室温泉旅行は、…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【姑にドン引き】近居願望の強い姑が見つけてきた物件は、…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「コンビニワープ」を絶滅せよ!痛ましい幼子の死亡事故発…
    久留仁譲二
  • トップ
  • ローズの恋心 ローズ・アブソリュート~緑のアロ…