【Feel Fukuoka Japan】「はやかけん」の使い方 Sam introduces "IC Card HAYAKAKEN"

福岡&世界の皆さん、こんにちは! Feel Fukuoka Japanです♪
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

今回の動画は、サムが福岡の交通系ICカード「はやかけん」を紹介しています♪ 「はやかけん」は実はある言葉の略称ということはご存じでしたか? それは、「速くて、優しくて、快適な、券」これらの単語の頭文字を取ったものと、博多弁の「速いから」という言葉をかけて「はやかけん」という名称になったそうです。

福岡の交通系ICカードといえば、他にもJR九州の「SUGOCA」や西日本鉄道の「nimoca」がありますが、これらのICカードは外国人観光客にも徐々に利用されているようです。それは何故か?外国人旅行者は日本語が読めない方が多い為、電車やバスの運賃表を見てもわからなかったり、お金を取り出すのに時間がかかってしまったりします。しかし、ICカードを使えばそういった心配をせずに簡単に改札を出入りすることができますよね!
 
国土交通省でも2020年の東京オリンピックに向けて、交通系ICカードの普及・利便性の拡大を進めているそうです。ICカードが使えるエリアも徐々に広がってきていて、全国でも「Suica」(JR東日本)、「ICOCA」(JR西日本)、「TOICA」(JR東海)、「Kitaca」(JR北海道)、「PASMO」(東京メトロ、東京都交通局、京急、東急など)、「manaca」(名古屋市交通局、名鉄など)、「PiTaPa」(大阪市交通局、阪急、阪神、南海、近鉄)などが提携したことで、各ICカード対象エリアの相互利用もできるようになりました♪

最近はコンビニや自動販売機でもICカードが使えるようになりましたし、これからもどんどん便利になりそうですね!

Feel Fukuokaは日本の便利さやおもてなし精神を世界に伝えるべく、様々なことにチャレンジしていきたいと思います!(Feel Fukuokaは現在、ボランティアで動画の多言語化を手伝ってくれる方を募集しております。興味のある方は、ff-business@feelfukuoka.com までぜひご連絡下さい♪)

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【ママ友にドン引き】我が家は無料託児所じゃない!毎日手…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【ママ友トラブル】なんでも真似するマウンティングママ。…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4グルメすぎる保育園児。ママ友の家を出入り禁止になったワ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部