豪壮華麗な石造美術「アンコール・ワット展」福岡市美術館で開催中!

9~15世紀にかけて現在のカンボジアを中心に勢力を誇ったアンコール王朝などの石像美術を紹介する特別展「アンコール・ワットへのみち 神々の彫像」が、福岡市中央区大濠公園の市美術館で開催中です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

ヒンズー教の最高神ブラフマーや破壊神シヴァ、破壊神を父にもつ象頭の福の神ガネーシャ、両性具有の神アルダナーリーシュヴァラなど、多くの神や仏の像を展示。世界遺産アンコール・ワットに代表される豪壮華麗なヒンドゥー教、仏教の石造美術を間近に見られるチャンスです!

東南アジア史上に燦然と輝いたアンコール・ワット美術の形成過程が分かる展覧会。インドシナ半島の豊かな宗教彫刻を心ゆくまでお楽しみください。
 
【アンコール・ワットへのみち 神々の彫像】
会期:4月28日(火)~6月14日(日)
開館時間:9時半~17時半(入館は17時まで)
休館日:毎週月曜日
観覧料:一般1300円、高大生800円、小中生500円

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4福岡市内のコロナウイルスによる臨時休業情報をまとめました
    ファンファン福岡編集部
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部