久留米絣の工房で藍染め、機織りに挑戦!藍染絣工房(広川町)

藍色と白糸のコントラストが美しい「久留米絣」。その歴史は、江戸時代にさかのぼります。1800年ごろ、久留米(福岡県)の米屋の娘として生長した井上伝という女性が考案。白糸で綿糸をくくり、藍で染めたあと、織る。こうした手くくり藍染め手織りの技術は、その後、筑後全域に広がり、今では国の重要無形文化財、伝統工芸品の指定を受けています。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

200年以上の歴史を持つ久留米絣。この伝統に触れ、藍染めや機織りの体験ができるということで、「藍染絣工房」(福岡県広川町)を訪れました!

「藍染工房」は1893年創業。山村健さんは、4代目の経営者です。

工房内で、ハンカチ染めにチャレンジ!どのような模様にするか、悩ましいところですが、とりあえずクシャクシャにしたり、ビー玉を入れて輪ゴムで留めてみたり。こんな簡単なやり方でどのような模様に仕上がるか想像もつきません…。

工房には、藍瓶が並んでいました。濃度が違うようで、濃度の低い方から連続して染めていきます。

クシャクシャにしただけのものもこのとおり!輪ゴムで留めたり、ビー玉を使った部分はちゃんとその模様になっているからすごい!!とても素晴らしい出来栄えに大満足しました♪

久留米絣はもともと好きでしたが、自分で作ってみるとさらに愛着がわきます!
 
山村さん夫妻に久留米絣の歴史や特質などを教わり、日本の伝統文化の良さをあらためて知ることができた1日でした。

予約をすれば(1週間ほど前から)見学や体験がOKなので、みなさんもぜひ体験してみてください。楽しいですよーーー!

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1若者が使う「ちかっぱ」って、どういう意味?バリとの違い…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2めずらしくパパとくっついて寝ていた6歳娘の驚愕の一言!
    ファンファン福岡編集部
  3. 3「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  4. 4高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408