東京駅と武雄温泉楼門 十二支が結ぶ建築家・辰野金吾氏の思い?とは

佐賀県出身の建築家辰野金吾氏(1854-1919)が設計した東京駅に行ってきました!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

東京駅は今年で開業100年。さすがの風格です。

今回、東京駅を訪ねたのは、ここ東京駅と武雄温泉楼門に残る十二支の謎を確かめるため。

東京駅丸の内口の1階部分は2012年、当時の資料を基に改修・復元されているのですが、このドーム内部に彫り込まれた8つの干支と武雄温泉楼門に残る4つの干支を組み合わせると、ちょうど十二支になる、というのです!

それでもって、同時期に完成した佐賀県の武雄温泉楼門がこちら。

ここに東京駅にはなかった残りの4つの干支(子、卯、午、酉)があるというのです。

 

東京と出身地の佐賀を十二支で結ぼうという建築家の粋な思い付きなのかどうかは分かりませんが、ロマンがありますね!

日本近代建築の父と称される辰野金吾氏が残した謎?に、みなさんもぜひ触れてみてください♪

 

ちなみに福岡市の旧日本生命九州支店も辰野金吾氏の作品です!

武雄温泉楼門の「四干支」は8月31日まで一般公開中です♪

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 東京駅と武雄温泉楼門 十二支が結ぶ建築家・辰野…