博多三大まつりの一つ!秋の訪れ告げる 筥崎宮放生会

博多三大まつりの一つ、筥崎宮(福岡市東区箱崎)の放生会(ほうじょうや)が9月12~18日に開催されます。 博多三大まつりといえば、 5月の博多どんたく港まつり(「博多っ子の血が騒ぐ!博多どんたく港まつり 400年の歴史と情熱の大パレード♪」) 7月の博多祇園山笠(「博多祇園山笠『追い山』15日午前4時59分 豪快フィナーレ!!クライマックスの走りへ!」) そして、9月の筥崎宮「放生会」!

放生会とは、日頃の殺生を戒めるために生物を放って供養する仏教の行事のことですが、全国では「ほうじょうえ」と呼びますが、筥崎宮では「ほうじょうや」と呼んでいます。

毎年違うテーマの絵柄でつくる素焼きのおはじきは「厄をはじく縁起物」として大人気!今年のテーマは、「博多いろいろ」だそうで、金印や博多祇園山笠、もつ鍋、黒田官兵衛(如水)、西日本大濠花火大会など、文字通り福岡・博多の街を象徴する多彩な題材が楽しめます。

※おはじきは、1200箱販売(1箱3000円)。12日午前8時からお守り授与所で販売しますが、毎年すぐに売り切れるのでご注意を!

また、筥崎宮の放生会といえば「博多ちゃんぽん」や季節の到来を告げる新ショウガも名物のひとつ!

ほかにも、江戸時代の着物姿で、炊事道具やご馳走などを長持ちに入れて練り歩く「幕出し」(14日午後3時)や、鯉や鳩を放つ放生神事(18日午後2時)など、期間中いろいろな催しものが開かれます。

18日午後6時からは、軍師官兵衛PRイベント(福岡黒田武将隊Xふくおか官兵衛Girls)もあるそうです♪

「梨も柿も放生会」という言葉のとおり、秋の訪れを告げる筥崎宮の放生会。

にぎわう秋のお祭りに、ぜひみなさんも足を運んでみてください✩

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1きょうはなに朝気分⁉️ 「わたしらしい朝」を博多阪急で…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2【週末の福岡イベント情報】2月15日(土)~16日(日)
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5【今なら¥5,000で行ける!】長崎・壱岐内海湾の一泊…
    aumo