「パパができることとできないこと」その2~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#5

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。

とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

前回
特に「パパだから…」「ママだから…」という観念は、子育てにおいて関係なくなってきている感じがします。それは世にいう「男女共同参画」とか「ワークライフバランス」などなど社会的にも、そっちの風潮が流れています。個人的には良いと思っていますww

とにかく手を取り合っていくことが大切だと感じています。

おっと…また少し脱線しましたが(笑)

今の世の中には、パパママ揃っての子育てもあれば…シングルママやシングルパパもいます。また実親では無くても、親以上の愛情をかけて子育てをされている方々もいます。

現状…108万人のシングルママ・20万人のシングルパパがいると言われています。(2010年 総務省調べ)

様々なカタチでの子育てが溢れています。

人には、ひとりひとり個性があると同じで…

子育てにも、家庭それぞれのカタチがあると思います。

それでも、どんなカタチであれ…

子ども達の為にママもパパもみんな、頑張って子育てをしているのには変わりない!!

 

ということで…やはり…

パパだろうと、ママだろうと、できることは変わりない。

(性別的・身体的な仕組みなどは別問題)

 

「夜中、子どもが泣いても…起きないでしょ~パパは!!」

なんてよく聞きます(笑)私もそんな感じです…すみませんww

 

それはママがいるから。

 

ママがいない時に、泣いたら…バッと起きます!!私もそうですww

 

勿論、シングルではそうはいかないですが…

シングルでもしっかりと子どもも育てている方々を沢山知っています。

それはママだからってわけではなく、パパだけでも同じように。

 

子育てとは…ママだけができるものでもないし、パパだからできないというわけでもない。

でもそれだけでもできるものでもない…家族・地域・お隣さん・実家・職場・社会などなど…色々な人たちと、子どもが関わりを持ちながら、力を貸したり借りたりしながらやっていくのが…理想のカタチだと私は感じています。

→次回は…#6「あら…我が子が肌荒れ?ニキビ?」その1
【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.4.15時点のものです

やのっちパパ
※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5福岡で定食をいただく!安くて美味しい魅力的なお店13選…
    maaku_otsubo
  • トップ
  • 「パパができることとできないこと」その2~やの…