ママの社会復帰に焦りは禁物! 子育てしながらの理想の働き方って?

 小学1年生の娘と、1歳の息子のママとして社会復帰した私の失敗談を紹介します。2人目の出産を機に仕事を辞め、専業主婦となった私。30代になり、再び社会復帰したい気持ちがピークになり、私は子どもを預けてパ-トに出る決心をします。でも、予想外なハプニングに戸惑うことになったのです。
この記事の目次

仕事が決まり、再び外で働ける喜びを嚙みしめる!

写真AC

 幸運なことに、息子は4月に保育園に入園することができたので、私は求職活動を始めました。そして順調にパート先が決まり、社会復帰することができたのです。

 家庭と仕事を両立できるだろうか、という不安はあります。でも、それ以上に社会復帰できる嬉しさでいっぱいでした。「また働ける…」母親でありながら仕事にも行ける、そんな喜びを噛みしめていました。

落ち込みつつも、仕事を覚えて職場に慣れていく

 パート先は、今まで経験したことのない職種でした。一から仕事を教えてもらい、職場に慣れていきます。入社して間もない頃は、もたもたしていて上司に冷たい言葉を言われ、泣きながら帰った日もありました。「この仕事、向いていないかも」と感じることも多々ありました。

 でも、せっかく見つけた仕事です。私がこの仕事を辞めたら、せっかく息子が入園した保育園も辞めないといけません。それだけは避けたかったので、私は頑張って仕事を続けることにしました。

予想していた以上に繰り返される子どもの発熱

写真AC

 秋になり、朝晩の寒暖差が大きくなると、息子が頻繁に熱を出すようになりました。その度に、私は病児保育を利用しました。職場に迷惑をかけたくなかったのです。病児保育の予約が取れなかった日は、夫に仕事を休んでもらうか、私が仕事を休みました。

 さらに、息子のイヤイヤ期も始まり、思い通りに動いてくれないことが増えました。夫も仕事の帰りが遅く、平日はワンオペ状態です。ストレスが溜まった私は次第に、家族にきつく当たるようになっていきました…。

上司の冷たい言葉に、メンタルをやられる

 ある日、小1の娘が発熱したので、職場に電話をして遅刻して出勤したいと伝えました。上司は遅刻することは了承してくれたのですが、ぶっきらぼうにこう言ったのです。

 「今日は忙しいから、来てもらわないと困るんで」

 何かでグサリと心を刺されたような気分でした。子どもの発熱に関して、初めて嫌味を言われたのです。かなりショックでしたが、同時に怒りも感じました。

 「私は発熱している子を留守番させて出勤すると言っているのに。そんな嫌味を言わなくてもいいのに…」と感じたのです。

心身のストレスが限界に… 仕事を辞める決断をする

 嫌味を言われた日以来、幸い子どもたちは風邪をひいても発熱しないようになりました。しかし、今度は私自身が頻繁に風邪をひくようになったのです。ストレスが溜まり過ぎて、心身共に疲労のピークでした。

 ですが、コロナが流行する前だったので、私は熱があっても無理して出勤していました。あの日言われた嫌味を思い出すと、恐ろしくて欠勤できなかったのです。次第に外で働きたいという情熱も薄れ、退職することを決めました。

仕事を辞めてフリーランスに。 私らしい、理想の働き方を模索する

写真AC

 私は今、フリーランスのライターとして主にWEB記事を作成しています。もともと文章を書くことは好きでしたが、まさか自分がこんな仕事をするとは思ってもみませんでした。

 完全在宅で、一人でパソコンに向かっています。納期に間に合えばよいので、自分で仕事の進め方を調整できます。子どもが発熱して学校や保育園を休んでも、人に迷惑をかけません。ストレスもぐっと減り、子どもにイライラする回数もかなり減りました。

いつか再び、本格的に社会復帰できる日を夢見て

 フリーランスとして社会復帰できましたが、マイナス面もあります。日中、誰かと話すこともなく、自宅と保育園の往復だけです。パソコン相手の毎日で、肩凝りはひどいし目も疲れます。収入も安定しているわけではありません。

 またいつか、外で働きたいという気持ちもあります。ですが、今は焦っていません。

 子育てが落ちつく頃、息子が入学した後でもいいかな、とのんびり考えています。その時は、子どもが熱を出して休むこともあるとしっかり伝えて、理解してもらえる職場を見つけたいと思っています。

(ファンファン福岡公式ライター/南ゆりえ)

あわせて読む
子どもの発熱で仕事を休むのは妻の役目? 夫を変えた同僚の一言
あわせて読む
私が体調を崩すと「俺も…」と具合悪いアピールする夫に試したのは
あわせて読む
夫が朝起きられなくて遅刻するのは私のせい!?
※掲載されている情報は、2021年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請…
    Mochico2408
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 33才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4ドライブや観光におすすめの「日向往還」 観光スポット…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • ママの社会復帰に焦りは禁物! 子育てしながらの…