愛されるには理由がある! 福岡市内「レトロ食堂」7店巡り

 財布に優しく、ボリュームも満点! 訪れる人を温かく迎える食堂は、いつだって私たちの味方です。何十年と愛されているおなじみの店から、新しいのに懐かしい昭和テイストな店まで。福岡市内のレトロな雰囲気漂う食堂7店を取材してきました。 ※価格は全て税込み価格。
この記事の目次

【かどや食堂】初代の味を受け継ぎ、愛され続けて100年

マカロニサラダなども付く、かどや食堂の「かつ定食」(500円)

昭和の空気感がそのまま残る店内

 丼物やうどん、そばを提供する食堂として、1920(大正9)年に開業。現在は4代目の浜脇慶太郎さんが、代々の味を守ります。「かつ定食」(写真上)や丼物が人気で、店頭では自家製パンやいなりずしなども販売。ノスタルジックな味わいと雰囲気に、心も和みます。店内での飲食は午後3時まで、料理は売り切れ次第終了なのでお早めに。

 「名物は、甘めのダシが効いたかつ丼です」と店主の浜脇慶太郎さん

サンプルが並ぶショーケースもレトロ

美野島商店街の交差点の角に立つ店舗は戦後に建築

かどや食堂

住所:博多区美野島1-12-9
電話:092-451-4653

【二葉食堂】おなかと心が満たされる、お母さん手作りの味

店主の温かい接客に癒やされます

福岡市地下鉄祇園駅から徒歩約3分の立地

 博多デイトス内にあったラーメン店「二葉亭」の姉妹店として、1991年に開業。だしにこだわるうどんや丼、定食、晩酌に最適なつまみなど、多彩な料理がビジネスマンのおなかを満たしています。
 卓上に5、6種類並ぶ自家製の漬物は無料でセルフサービス。中でも人気のからし高菜は持ち帰り販売(660円)も。

「唐揚げもおすすめですよ!」と店主の小林ひとみさん

カツオと昆布のうま味が効いた「和風ラーメン」530円

二葉食堂

住所:博多区祇園町2-30
電話:092-272-3288

【一膳めし 青木堂】老若男女に愛される食堂

大名紺屋町通りにあり午前8時半から営業

店内の配置も、ほぼ創業当時のまま

 まだ大名という地名がなく「薬院紺屋町」と呼ばれていた1957年に創業。現在は3代目店主の青木秀徳さんが中心となり、店をもり立てます。名物のオムライスや日替わり定食のほか、豆腐、焼き魚、煮物、フライなどの総菜も50種類以上を用意。手作りの味わいはもちろん、1品60円からという安さもうれしい限りです。

ショーケースには総菜がズラリ

「創業時から、安い・うまいがモットーです」と店主の青木秀徳さん

一膳めし 青木堂

住所:中央区大名1-11-28
電話:092-751-0144

【大衆食堂スタンドそのだ(親不孝通り店)】レトロだけど新しい、現代の大衆食堂

ビッグな「そのだ」ののれんが目印

壁一面に張り出された品書きに目移り

 大阪発の人気店「台風大飯店」の姉妹店。昭和の大衆食堂をテーマにした空間と、和洋中、エスニックまでそろう豊富な料理が魅力です。午前11時から午後11時までメニューは変わらず、昼に飲むも、夜に定食を食べるもよし。自家製の焼き豚を鉄板で焼く「チャーシューエッグ」やメンチカツ、中華そばも名物です。

「チャーシューエッグ定食」(880円)

「昼も夜も、ふらりと立ち寄って!」と店長の岩沙佑樹さん

大衆食堂スタンドそのだ(親不孝通り店)

住所:中央区舞鶴1-8-36
HP:https://ferestaurant.com

【お食事処 めん坊】港町の人々の活力、おふくろの味でおなかいっぱいに!

店主・瀬内理恵さん(左)と長尾貴美子さん、姉妹の息の合ったサービスも魅力

港の造船所そばの穴場スポット

 近隣の造船所や運送業者など、港町で働く人々の胃袋を支える食堂。ボリューム満点の定食は660円からとリーズナブルで、ご飯は通常サイズでも山盛り。うどん、そば、ラーメンの麺は、1981年の創業時から変わらずに自家製です。店主姉妹の温かい接客と愛情たっぷりのご飯に、パワーをもらえますよ。

唐揚げも付いた具だくさんの「豚汁定」(660円)

「弾力ある自慢の麺を、ぜひ!」と店主の瀬内理恵さん

お食事処(どころ) めん坊

住所:中央区港3-8-19
電話:092-761-3071

【食堂 うめぼし】ちょい飲みも定食も、自由に楽しむ

中央区役所の裏手。午前11時半から夜までの通し営業でにぎわいます

コの字カウンターが主役の店内

 手書きの品書きが張り出された店内は、昭和の酒場さながらの雰囲気。80種類ほどあるおつまみは1品275円からと手頃で、メニューは全てプラス330円で定食(ご飯、みそ汁、漬物付き)にできます。自慢の一品は、タレの染みた豆腐に牛バラ肉の煮込みをのせる「肉豆腐」。お酒もご飯も止まらないおいしさです。

「よくばり魚定食も人気!」とスタッフの坂井憲太さん

ご飯、みそ汁、サラダが付いた「肉豆腐定食」(770円)

食堂 うめぼし

住所:中央区大名2-2-57
電話:092-406-6300

<一般利用OK! レトロ社食>【新天町倶楽部】

名物は半熟卵の「オムライス」(620円)

30年以上愛される天神の憩いの場
 新天町商店街で働く人のために、1988年に開業。一般の人も利用でき、正午ごろには行列ができるほどの人気ぶりです。和洋中30種類を超える料理がそろい、日替わりや季節替わりの限定メニューも見逃せません。壁に飾られた岡本太郎画伯の作品も必見。

入り口のサンプルを見てメニューを選びます。営業は11:00〜15:30(L.O.)

「限定メニューは、早々に売り切れも!」と店長の吉田政彦さん

新天町倶楽部(くらぶ)

住所:中央区天神2-7-1 3階
電話:092-731-4102

※掲載されている情報は、2020年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請…
    Mochico2408
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 33才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5【一膳めし青木堂で朝定食】早朝も閉まっとる店は閉まっと…
    ヤマナカリョウ