祖母が語った不思議な話・その弐拾伍(にじゅうご)「函」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。
チョコ太郎

イラスト:チョコ太郎

 開かない…
 暗い蔵の中、何かに急かされるような気がして、焦って函(はこ)を開けようとしていた。
 あっ、蓋が少し動いた! これで…

 「大丈夫かい? ずいぶんうなされていたよ」
 祖母の声で目を覚ました。
 寝汗をびっしょりかいていた。

チョコ太郎

 「夢か…もう少しで開きそうだったのに」
 「開くって?」
 「この何日か、同じ夢を見るんだ。蔵の中で古い真っ黒な木の函を開けてるんだけど…」
 「…その函には紙が貼ってなかったかい?」
 「あったよ。○に十みたいな印を書いた紙が」
 「函は開かなかったんだね?」
 「うん。でももう少しで開きそうだった」

 そこまで聞いた祖母は顔色を変えた。

チョコ太郎

 バタバタと手紙や帳面を調べていたと思うと、どこかに電話をかけた。
 先方に挨拶を述べた後、祖母はこう聞いた。
 「あの函はまだそちらにありますよね? ちょっと見ていただきたいのですが」

 調べてかけなおすとの返事に電話を切り、しばらく待っているとベルが鳴った。
 「はい。やはり…ではよろしくお願いします。」

 祖母の説明によると夢に出てきた函は、昔、親戚の蔵の中にあった物だという。

チョコ太郎

 「その函を開けると災いがあると伝わっていてね、触らないようにしてたんだけど…。幾人かは知らずに開けて、病にかかったり事故に遭ったりしたんだよ。捨てるとさらに悪いことが起こるんじゃないかと皆困ってしまってね。結局お寺さんに納めてもらったんだ。あんたの夢で嫌な感じがしたので調べてもらったら、封じたお札が剝がれかかっていたそうだよ。新しい札を貼ってもらったから、もう夢は見ないよ。安心安心」

 祖母の言った通り、函の夢は今日まで見ていない。

あわせて読む
祖母が語った不思議な話・その拾陸(じゅうろく)「姿見」
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1妊婦おにぎり、陣痛絵、腹タッチ!子沢山ママに執着するマ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2戦隊モノ批判のママ友。我が子が暴力的なのに気づいてない?
    ファンファン福岡編集部
  3. 3ママ友界の秋元康!?こんなママにご注意を!
    ファンファン福岡編集部
  4. 4「盛りすぎでしょ!」ママ友のキラキラインスタにイラっと…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部