日本遺産・鎮守府に隠された宝を探せ!長崎県佐世保市でリアル宝探し

 長崎県佐世保市で10月10日からリアル宝探しイベント「鎮守の街の眠れる宝~隠された黄金の錨(いかり)~」が開催中です。期間は2021年1月31日(日)まで。また、同市の新観光スポットをInstagramに投稿する企画「SASEBOOM!(サセブーム)」も同時開催中です。
この記事の目次

鎮守の街の眠れる宝~隠された黄金の錨(いかり)~

佐世保観光コンベンション協会

 「鎮守の街の眠れる宝~隠された黄金の錨(いかり)~」は、佐世保市役所観光課と佐世保観光コンベンション協会が主催。全国の地域やテーマパーク、施設などで大人も楽しめる宝探しイベントを運営する会社「タカラッシュ」が、企画制作を手掛け、日本遺産「鎮守府」を構成する周辺の資産(建築物や自然など)も活用した“リアル宝探し”イベントです。

 地図を片手に、佐世保市内に散らばった謎を解きながら宝を探します。初心者でも気軽に楽しめる難易度で、所要時間は自動車で巡って約2時間半。“冒険”の始まりに必要な冊子「謎の海図」は、公式サイトからのダウンロード、もしくは佐世保市役所観光課、佐世保観光情報センター、市内ホテルなどの施設でゲットできます。

佐世保観光コンベンション協会

 参加は無料で、クリアした人には先着3,000人にオリジナルのクリアファイルがプレゼントされ、さらに抽選で長崎和牛のサーロイン(2万円相当)や、佐世保市内の各ホテルの宿泊券(ペア)など総額100万円相当の豪華賞品が当たるチャンスも。

<ストーリー>

 その昔、この地に「鎮守府」と呼ばれる海軍の本拠地が建設された。当時の最新型戦艦が配置され、日本の西域を衛(まも)る要であった。

 人々は軍人たちの無事を願い、時が経(た)とうとも輝きを失わない「黄金の錨」を贈った。人々の願いを受けて、錨は当時最強の戦艦「しぐれ」につけられた。現在、戦艦「しぐれ」から外された「黄金の錨」は行方(ゆくえ)知れずとなっているが、永遠に輝きを失わないというその錨のなぞを解明するために、歴史学者たちが今もその在り処(ありか)を探している。

 そんなある日、長い間手つかずの鎮守府の倉庫から謎の“海図”が発見された。なんとそこには、「黄金の錨」の在り処を示す暗号が書かれていたのだ。鎮守府関連の施設でも謎を解く手がかりが次々と見つかっている。

 「黄金の錨」は、どこに眠っているのか。古びた海図の謎を解き、その輝きを見つけ出せ。

※このストーリーはフィクションです。実際の人物、団体、艦隊とは関係ありません。

佐世保観光コンベンション協会

鎮守の街の眠れる宝~隠された黄金の錨~

期間:~2021年1月31日(日)
場所:長崎県佐世保市
参加費:無料(交通費等は別途自己負担)
問題冊子配布場所:佐世保市役所(8:30~17:15)、佐世保観光情報センター(9:00~18:00)
発見報告所:させぼ四季彩館(佐世保市三川内本町289-1)
報告受付時間:9:00~18:00(探索時間は各施設の営業時間に準じる)

SASEBOOM!(サセブーム)

佐世保観光コンベンション協会

 佐世保市は、新しい観光スポットの提案としてキャンペーン「SASEBOOM!(サセブーム)」を11月1日から2021年1月31日(日)まで展開中です。

 新観光スポットとして市内6カ所と自分のお気に入りの1カ所、計7カ所のスポットを巡って写真や動画を撮影し、Instagram(インスタグラム)にハッシュタグ「#saseboom」「#佐世保旅行」「#佐世保」「#佐世保観光」の4つ全てを付けて投稿すると、抽選で10人に、1人あたり9万9,000円、総額99万円が当たります。

 ハッシュタグは指定の4個が付いていれば、それ以上付けてもOK! 写真・動画どちらで投稿しても対象です。

1,ハウステンボス(ファンタジアストリート)

佐世保観光コンベンション協会

 ハウステンボスの中でも色とりどりのカラフルなレンガが並ぶファンタジアストリート。フォトジェニックなロールアイス屋さんもありますよ♪ ハウステンボス園内にはほかにもおしゃれでかわいいスポットがたくさん! お気に入りの場所で撮影してみて。
※ハウステンボスへの入場が必要です。

2,させぼ五番街

佐世保観光コンベンション協会

 商業施設「させぼ五番街」には、港を望みながらおしゃべりに興じる人たちが並びます。その港に「SASEBO」の文字が立体オブジェになって新登場! 新しいランドマークと一緒に写真を撮ってみて。

3,佐世保新みなとターミナル

佐世保観光コンベンション協会

 させぼ五番街からすぐに位置する「佐世保新みなとターミナル」の1階外壁には、曼荼羅(まんだら)模様のパネルが設置されています(キャンペーン期間中のみ設置)。カラフルな壁でおしゃれな写真を演出してみて。

4,九十九島パールシーリゾート

佐世保観光コンベンション協会

 巨大な「ガリバーの椅子(いす)」が設置され、まるで自分が小さくなったかのような感覚になる九十九島パールシーリゾートのオブジェ。どんな写真を撮ってみる?

5,九十九島動植物園森きらら

佐世保観光コンベンション協会

 南国の雰囲気が感じられる木々の中に、鳥の巣のオブジェが登場です。大人も子どももすっぽり入れるサイズは、鳥になった気分が味わえるかも?
※園内に設置されているため、入園料金が必要です。

6,展海峰(てんかいほう)

佐世保観光コンベンション協会

 西海国立公園にも指定されている九十九島の景色が一望できる「展海峰」に、天使の羽のオブジェが登場しました。美しい景色の中で天使の羽と一緒に撮影すると、まるで本当に空を飛んでいるかのような写真が撮れますよ。時間帯によって変化する美しさに酔いしれて!

7,お気に入りの佐世保と一枚

 最後の1枚は、佐世保市内のお気に入りスポットで撮影。観光地や佐世保グルメ、何気ない街並みなど、自分の好きな佐世保を写真に収めてみて。

SASEBOOM!

期間:11月1日~2021年1月31日(日) ※期間外に投稿されている写真・動画は抽選対象外。応募期間内に再投稿が必要です。
応募条件:応募者本人が撮影した写真が対象
※審査および抽選の上、当選者にはInstagramのメッセージで通知。

※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1妊婦おにぎり、陣痛絵、腹タッチ!子沢山ママに執着するマ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2戦隊モノ批判のママ友。我が子が暴力的なのに気づいてない?
    ファンファン福岡編集部
  3. 3ママ友界の秋元康!?こんなママにご注意を!
    ファンファン福岡編集部
  4. 4「盛りすぎでしょ!」ママ友のキラキラインスタにイラっと…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部