115年の“いいご縁”に感謝して「干支鶴乃子」発売【石村萬盛堂】

 石村萬盛堂(福岡市博多区)は、12月25日(金)に創業115周年を迎えます。これを記念して〈令和3年 干支鶴乃子〉のパッケージデザインを人形師 中村弘峰さんが担当。115周年の「い(1)い(1)ごえん(5)」に合わせ、11月5日から販売がスタートしました。
この記事の目次

福岡・博多文化を振り返る記念の菓子

石村萬盛堂

 「素晴らしいご縁が繋いだ115年。福岡・博多への感謝の思いとともに、博多の文化を振り返りました」と同社。博多祇園山笠の人形も手掛ける人形師とコラボした「干支鶴乃子」を通して、福岡県の伝統工芸として欠かせない、博多人形の魅力を伝えたいといいます。

石村萬盛堂

「親牛干支鶴乃子」5個入 756円(税込み)

石村萬盛堂

 デザインを手掛けたのは、博多人形師の中でも斬新な作風で既存の枠にとらわれない作品を生み出している人形師、中村人形の中村弘峰さんです。

 福岡・博多の文化や伝統に触れて、心豊かな新年を迎えませんか?

石村萬盛堂

「子牛干支鶴乃子」2個入 378円(税込み)

石村萬盛堂

〈令和3年 干支鶴乃子〉
・「親牛干支鶴乃子」5個入 756円(税込み)
・「子牛干支鶴乃子」2個入 378円(税込み)

販売期間:11月5日~2021年2月頃 ※数量限定。なくなり次第終了。

石村萬盛堂

中村人形 中村弘峰さん

令和3年の干支は【辛丑(かのとうし)】とは?

 辛丑は、60年に1度の組み合わせです。親牛と子牛が描かれた「干支鶴乃子」は、令和3年が「牛の歩みのように一歩一歩、着実に歩むことで発展ある素晴らしい年に」なるよう願いが込められています。

 縁起物として自分用や家族、親戚、友人などへ。年末年始のあいさつや年賀に、親牛・子牛の組み合わせで贈るのがおすすめです。公式オンラインストアでも数量限定で販売されています。

石村萬盛堂

 11月5日以降、115周年を記念した「小さなパネル展」の開催や、「誓文(せいもん)晴れ」ではお得な鶴乃子の販売など、福岡・博多の文化を振り返り、地域への感謝の思いを込めたイベントが1年通して実施されます。なお2021年7月には、本店がリニューアルオープンする予定です。

※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「おたくの席ちょうだい!」新幹線で指定席をクレクレする…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3開運繁栄の象徴・ウメ「農家おもてなしおせち」5【木の花…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5この冬試したい! 味ぽん®を使ったおしゃれな水炊きレシ…
    ファンファン福岡編集部