無農薬ラベンダーのサシェ作り【OREC green lab福岡】

 「草と共に生きる」をコンセプトに、歩行型・乗用型草刈機などの開発や製造、販売を展開するオーレック(福岡県広川町)。福岡市中央区にあるブランドの発信拠点店舗「OREC green lab福岡(オーレック グリーンラボフクオカ)」で11月27日(金)、ワークショップ「無農薬ラベンダーのサシェづくり~ハーブティーとハーブ講座~」が開催されます。
この記事の目次

心地よい眠りを導くドライラベンダーのサシェ

OREC green lab福岡

 サシェとは、乾燥させたハーブやドライフラワーなどを袋に入れたフレグランスアイテム。クローゼットや部屋の芳香剤として用いられます。

 このワークショップでは、リラックス効果のあるドライラベンダーを肌触りの良いオーガニックコットンの袋に入れたサシェを作ります。枕の下に入れて使うと寝返りのたびにラベンダーが香り、心地よい眠りに導きます。

OREC green lab福岡

 講師は、香り高い高品質なハーブの苗を無農薬で栽培している「Kanatake Herb(カナタケハーブ)」の出口利昭さん。採れたてのハーブを使ったフレッシュハーブティーとハーブのパウンドケーキを楽しみながら、ハーブの種類や効能に関する講座を行います。

 当日はワークショップの参加者限定で、普段は直売所でしか買えない無農薬ハーブの苗19種類を販売します。

OREC green lab福岡

過去のワークショップのイメージ

講師:出口利昭さん(Kanatake Herb)
 購入したハーブをすぐに料理に使えるように、無農薬にこだわって栽培しています。品ぞろえは常時160品種ほど。ラベンダーは日持ちがしないため、生花での扱いが難しいといわれていますが、「Kanatake Herb」の他のラベンダーに比べ香りが強く、1年以上も持続します。ラベンダーの切り花が買えるのは、西日本では同店だけ。

無農薬ラベンダーのサシェづくり ~ハーブティーとハーブ講座~

日時:11月27日(金)12:30~14:00
場所:OREC green lab福岡 3階(福岡市中央区赤坂1-13-1)
内容:無農薬ラベンダー&オーガニックコットンのサシェ作り(1時間)/ハーブ講座(ハーブティー&パウンドケーキ付き)(約30分)
定員:10人(先着順)
費用:3,500円(税込み)
申し込み方法:WEBサイトの申し込みフォーム、もしくは店頭で受け付け(定員になり次第終了)
問い合わせ:OREC green lab福岡
Eメール:greenlab_fukuoka@orec-jp.com

※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その拾陸(じゅうろく)「姿見」
    チョコ太郎
  2. 2祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  3. 3祖母が語った不思議な話・その拾玖(じゅうきゅう)「四ツ…
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その拾捌(じゅうはち)「新しい…
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その捌(はち)「はやく来い」
    チョコ太郎