「まちの小さな演奏会 in 門司港」参加募集!

 北九州市響ホール(同市八幡東区)は、〈ひびきつながるプロジェクト事業〉として、地域の施設・大学・企業・団体などと連携した取り組みを行っています。今回、まちづくりをテーマに活動する北九州市立大学小林敏樹ゼミと連携し12月12日(土)と12月19日(土)にワークショップ「まち♪音♪探検隊 in 門司港」、12月25日(金)に「まちの小さな演奏会 in 門司港」が開かれます。
この記事の目次

門司港を舞台にワークショップとクリスマス・コンサートを実施

北九州市立響ホール

 学生自身が企画・進行するまち歩きワークショップでは、参加者と一緒に門司港を歩き、「まちの音」を拾い集め「音マップ」を作成。音を手がかりに門司港の新たな魅力を探します。

 クリスマスには、リニューアルオープンしたJR門司港駅で誰でも立ち寄れるコンサートを開催、クリスマスの夜に花を添えます。

北九州市立響ホール

 コンサート内では、ワークショップで作り上げた「音マップ」が発表されます。

 「これらの活動を通し、学生の文化芸術に通じた社会参画をサポートするとともに、同ホールを身近に感じてもらう機会となることを目指します」と響ホール。

北九州市立響ホール

オンラインミーティングの様子

まち♪音♪探検隊 in 門司港

 門司港のまちを歩き、「まちの音」を探すワークショップ。耳を澄ますと意外な音が隠れているかも!? 拾い集めた音で、ここだけの「音マップ」を作る内容です。

日時:12月12日(土)、12月19日(土)全2回/両日とも9:00~12:30
会場:門司港エリア
定員:各回15人
料金:参加無料
応募締め切り:12月3日(木)
※申込方法・詳細は下記公式サイトで確認を(近日公開)
問い合わせ:響ホール
電話:093-663-6661

まちの小さな演奏会 ~クリスマス・コンサート~

門司港でクリスマスを過ごす人、仕事帰りや学校帰り。誰でもふらりと立ち寄れるコンサートです。ロマンチックな門司港でのクリスマスに、響ホールから音楽のプレゼント♪

【出演】Brass Ensemble FUKUOKA[寺田康祐(トランペット)、森葵(トランペット)、大藪昌嗣(ホルン)、田代泰地(トロンボーン)、森山陽介(テューバ)、井上ともや(パーカッション)]/北九州市立大学小林ゼミの学生(進行・ワークショップ発表)
【プログラム】主よ、人の望みの喜びよ(J.S.バッハ)、フレンド・ライク・ミー、パプリカ ほか

日時:12月25日(金)17:30~18:30
会場:JR門司港駅(北九州市門司区西海岸1-5-31)
入場料:無料
問い合わせ:響ホール
電話:093-663-6661

※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1妊婦おにぎり、陣痛絵、腹タッチ!子沢山ママに執着するマ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2戦隊モノ批判のママ友。我が子が暴力的なのに気づいてない?
    ファンファン福岡編集部
  3. 3ママ友界の秋元康!?こんなママにご注意を!
    ファンファン福岡編集部
  4. 4「盛りすぎでしょ!」ママ友のキラキラインスタにイラっと…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部