子どもと楽しくお片付け! 「おもちゃ収納」のアイデア集

 お子さんの成長とともに増えていく「おもちゃ」の収納、お悩みではありませんか? 大きさや形もさまざまなおもちゃをすっきりと収納するには、ちょっとしたコツがあります。今回は、お子さんも片づけしやすい「おもちゃや絵本」のアイデアをご紹介します。
この記事の目次

「おもちゃ収納」のお悩みを解決!

写真AC

 すっきりしたお部屋を目指すなら、収納を整えたいと考える方は多いのではないでしょうか。でも小さなお子さんのいるご家庭では、うまく収納できないこともありますよね。

 お子さんのが使う物の中で、特に収納に困るアイテムが「おもちゃ」。サイズや形、種類も多くどれから手を付ければ良いのかわからない…。そう思ったら、これからご紹介するアイデアを取り入れてみてはいかがでしょう。きっとお子さんも一緒に楽しくお片付けしてくれるはずですよ。

おもちゃ収納のアイデア集

細々としたおもちゃは「ボックス」に入れるだけ

 おもちゃ収納の基本は、「ボックスにいれるだけ」とシンプルな仕組みにすると、お子さんも片づけがしやすくなります。

 例えば、持っているおもちゃを大まかに分けて「ぬいぐるみ」「ミニカー」「ブロック」など、一つのカテゴリごとに1つのボックスを用意して収納するのがおすすめ。

 同素材・同色のボックスやカゴなどで統一すれば、インテリアとしてもスッキリした印象を与えます。さらに中身がわかるよう、ラベリングしておくと便利ですね。

絵本は専用の本棚にまとめて収納

 絵本やお子さんの本は、「モノの定位置」をお子さんも把握しやすいよう専用の本棚を用意すると良いでしょう。小さくても構いません。「自分の本棚」があるって、大人でもうれしいものですよね。

表紙を正面に向けたフェイスアウト収納
 お子さんが絵本を選びやすいのは、「フェイスアウト収納」。表紙が正面を向いているので、どこにどの絵本があるのか一目瞭然です。絵本は表紙のデザインが素敵なものが多いため、アートのように楽しみながら収納してみては。

たくさんの本を収納するなら、オープン棚に並べて
 お子さんの本をたっぷり収納するなら、出し入れしやすい「オープン棚」に並べて収納してみては。インテリアのテイストを選ばない「シンプルデザイン」を選べば、お子さんが成長しても長く使えるはずです。

 本をきれいに並べるコツは、高さを揃えること。お子さんも一緒に本の背比べをしながら楽しく片づけしてみてはいかがでしょう。本を棚いっぱいに詰めすぎると、本の出し入れがしにくくなるので注意が必要。程よくゆとりのある分量を心がけて収納したいですね。

お気に入りのおもちゃは「飾りながら収納」

 ボックスなどにざっと入れて収納するのはラクですが、デザインが素敵なおもちゃやお子さんのお気に入りのおもちゃは、「飾りながら収納する」のも素敵ですよね。

 棚の上などをスッキリさせ、ディスプレイコーナーを作ってみてはいかがでしょうか。

低めの家具で「自分でお片付け」を応援

 お子さんと暮らすお部屋では、おしゃれさだけでなく安全面や使いやすさを重視したいもの。

 おもちゃを片付ける収納棚は、「低めの家具」で揃えるとお子さん自身も片づけしやすくなるはずです。お子さんの目線に合った家具を使うと、持ち物を把握しやすくなり、「自分でお片付け」を後押ししてくれることでしょう。

 ただ、お子さんの背丈に近いため、棚の角にぶつかってしまうなどの心配もあります。必要に応じてコーナークッションを取り入れるなど、安全対策をしておきましょう。

ワゴン収納でおもちゃをラクラク移動

 遊ぶ場所を特定していないおもちゃの収納は、キャスター付きのワゴンを使うと便利。よく使うおもちゃだけをピックアップして収納しておくと良いでしょう。遊びたい場所にワゴンごと移動できるので、片づけもラクになりますよ。

お子さんと楽しく片付けられる収納に

写真AC

 お子さんのおもちゃは、見た目もカラフルでデザインもさまざま。お気に入りのおもちゃを飾っていていも、雑多そうに見えてきたら、カゴやボックスなどにまとめておくとスッキリしたお部屋をキープできます。

 お子さんと一緒に楽しく片づけできる仕組みを、あなたのお家でも取り入れてみてはいかがでしょうか。

Naomi.Sping代表/フリーライター 伊野奈緒美

【執筆者プロフィール】
 WEBメディアを中心に、企業サイトなどさまざまな媒体でインテリア・住宅・ライフスタイル関連の記事執筆を手掛ける。福岡ライフスタイルメディア「福岡暮らす~FUKU-KURA(フククラ)」を運営。

【保有資格】
リフォームスタイリスト3級/カラーコーディネーター2級/文部科学省後援 リビングスタイリスト2級/福岡検定初級

※掲載されている情報は、2021年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  3. 33才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5まさかこれも売れるの?主婦の新お小遣い稼ぎ!メルカリで…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 子どもと楽しくお片付け! 「おもちゃ収納」のア…