ラウンジは60席!「TSUTAYA BOOKSTORE福岡空港」

 8月7日にリニューアルした福岡空港国内線旅客ターミナルビル3階・展望デッキエリアに、九州TSUTAYA(福岡市)が運営する「TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤブックストア) 福岡空港」が9月26日、移転リニューアルオープンしました。事前内覧の様子をリポートします。

旅のお供にぴったりな本が選書されています

 「TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港」は、2017年に福岡空港国内線旅客ターミナルビル1階にオープン。空港のリニューアルに際し、従来の「BOOK&CAFÉ(ブックアンドカフェ)」の形式から、よりビジネスパーソンに寄り添った「CAFÉ LOUNGE(カフェラウンジ)」のスタイルに変わり3階に移転オープンしました。

 店舗手前が書店で、奥にラウンジのスペースがあります。

ドリンクやスープ、アルコール類が用意されたスナックバーコーナー

 60席あるラウンジは、30分605円(税込み)で利用できます。ラウンジというだけあって、料金には各種ドリンクやナッツ、スナックといった軽食の料金も含まれています。さらに500円払えばビール(1杯)も味わえます。

ナチュラルフード量り売りの専門店「マザーズ」(東京都)のスナックが並びます

 空港を利用するビジネスパーソンが有意義に時間を過ごせるように、電源はもちろん、超高速Wi-Fi、オンライン会議用の専用ブースやプリンター、ちょっと席を立ちたい時用のロッカーなどが用意されています。

ゆったり座れるソファ席にはモニターも

 ラウンジ内では約250冊の雑誌や書籍も読むことができます。滑走路に面して大きな窓ガラスがはめられ、離着陸する飛行機を大迫力で見られるので飛行機ファンはたまらないですね。

飛行機が飛び立つシーンを間近に見られるカウンター席

 書店スペースは、「旅に連れていく本、旅をわくわくさせる本」をテーマに約3万冊が選ばれています。フライト中にアイデアが生まれるようにと、主に置かれているのはビジネス書。持ち運びに便利な文庫本もキリよく読めるように、短編集を多く置いているといいます。

雑誌類も充実しています

 「長期休暇の時期には家族旅行向けに児童書の種類を増やすなど、置ける冊数が決まっているからこそ動向を見ながら選書していきたい」と店長の藤生昌大さんは話します。

福岡ならではのお土産もあります

 入り口付近でイチオシされていたのは、又吉直樹さんが書き下ろしたアンソロジー「Perch(パーチ)」(税込み1,000円)。総ページ数128ページで短編、エッセー、連作掌編、自由律俳句が収録されています。表紙のカラーも5色用意され、それぞれに特性のしおりが付いています。

1人2冊まで購入可能です

 同作は空港という場所のために書き下ろされた作品で、当初は3月29日にオープンした「羽田空港 蔦谷書店」で販売予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で、販売が延期になっていた作品です。現在は「羽田空港 蔦谷書店」のネットショップ以外、実店舗で購入できるのはこの書店だけ。部数限定なので、早めに足を運んでみて。

※掲載されている情報は、2020年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  3. 33才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5まさかこれも売れるの?主婦の新お小遣い稼ぎ!メルカリで…
    ファンファン福岡編集部