話題のアートスムージー、ハロウィーンは?【ジェイティード福岡】

 福岡市地下鉄赤坂駅から徒歩約7分、トレンド感度の高い女子が集まる福岡市中央区の大名エリアで、この夏ひときわ注目を浴びた大阪発のアートスムージーカフェ「JTRRD FUKUOKA(ジェイティード福岡)」。SNSから火がついた色彩豊かなドリンクに、ハロウィーン期間限定メニューが登場するというので行ってきました。

大名エリアで話題のお店

 今年6月にオープンした同店は、野菜や果物など自然の色を生かしたカラフルで健康的なスムージーの表面に緻密なデコレーションを施す「アートスムージー」が話題のカフェ。関西以外ではこの店舗だけというレアさも手伝ってオープン直後は常に長蛇の列、現在も週末は多くの人でにぎわっています。

店内もおしゃれです

 オーダー方法は、好きな色もしくは味のスムージーを選ぶだけ。あとはスタッフが自由にデザインします。

 ベースのドリンクはベリーとパインをメインにした爽やかな「レッド」、濃厚なマンゴーベースの「イエロー」、ほうれん草が鮮やかな「グリーン」など計6種類。なお、ニンジンの繊維が多い「オレンジ」はアートデコレーションができないのでご注意を。

「お待たせできないので」と緻密な作業を素早く施していきます

 同じ色とデザイン、果物の組み合わせは2度と出さず、“世界でひとつのアートと色彩を生む”という創業者のポリシーから提供されるのは「あなただけ」のスムージー。

 そんな特別感もあって、記念にと写真に収めてSNSに投稿する人がほとんど。それを見た人がまた店を訪れ…という輪が広がっています。

イチゴやマスカットが乗った「ボンボンスムージー」や花のデコレーションがかわいい「パブロバスムージー」なども。すべてテークアウト対応

 下の写真の「アートスムージー」(990円税込み)はバナナ風味の「ピンク」ベース。ピンクの下のグレーの層は残存農薬検査済みの高品質なバジルシードが使われています。

ピンクベースのスムージーに「3つの花」と呼ばれるデコレーション

 同商品はテークアウト対応ですが、「デザインが崩れるがもったいない!」と、ほとんどの人が店舗の隣のイートインスペース(午後1時~5時頃利用可、変動あり)で飲んでいるそうです。

美しい! テークアウト用

 何色も使うこの緻密なデザイン、さぞ時間がかかるのではと尋ねると「研修を重ねたスタッフの手にかかると5分もかからないんですよ」と話す福岡店オーナーの米田るかさん。

 美しさだけでなく、ヘルシーさも重要視するので、デコレーションに使う素材は自然が生み出す色合いで、青はスーパーフードのスピルリナ、黒は黒ごま、白はヨーグルトなどです。

「クリスマスやお正月限定デザインもお楽しみに!」とスタッフのちあきさん(左)、カナさん

目玉がキモカワイイ! 「モンスタースムージー」はグラスで提供されテークアウト非対応

 もうすぐ迎えるハロウィンシーズン限定のドリンクとして近日販売予定の「モンスタースムージー」(990円)は、その「キモカワイさ」に注目したい新作メニュー。

 ドリンクベースから選びたいのは、やはり血を思わせる「レッド」?! 写真を撮ってSNSの注目を集めたいですね。

ハロウィーンをアートなスムージーで楽しんで

JTRRD FUKUOKA

住所:福岡市中央区大名1-3-5
電話:090-8408-4545
営業:11:00~19:00
月曜休(祝日の場合営業)
インスタグラム @jtrrd_fukuoka

JTRRD FUKUOKA
詳細情報を見る
tabelog
※掲載されている情報は、2020年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その拾陸(じゅうろく)「姿見」
    チョコ太郎
  2. 2祖母が語った不思議な話・その拾伍(じゅうご)「二十年後」
    チョコ太郎
  3. 3祖母が語った不思議な話・その弐拾(にじゅう)「勧進さん」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その拾玖(じゅうきゅう)「四ツ…
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その拾捌(じゅうはち)「新しい…
    チョコ太郎