「鯛茶づけ&光の道開運スイーツ」福津市グルメフェアダブル開催!

 ふくつ観光協会(福岡県福津市)では、毎年人気の2つのグルメフェアを11月1日(日)までダブルで開催中です。5月に開催予定で新型コロナウイルスの影響で延期になっていた「第10弾ふくつの鯛茶づけフェア」と、2019年に初開催して好評だった「ふくつ光の道開運スイーツフェア」の2企画。福津市内の協賛店は全40店(鯛茶18店、開運スイーツ22店)にのぼります。また、新しい取り組みの一つとして、フェア開始日の9月16日にフェア成功を祈願する宮地嶽神社での祈願祭がオンラインでライブ配信されました。
この記事の目次
ふくつ観光協会

福津市の2大グルメフェアが同時に開催されます

「ふくつの鯛茶づけフェア第10弾」9月16日~11月1日(日)

ふくつ観光協会

根強いファンが多い「ふくつの鯛茶づけフェア」

天然真鯛をぜいたくに! 秋の鯛ならではのうま味を堪能しよう

 玄界灘で獲れた天然真鯛を使った福津のご当地グルメ「鯛茶づけ」を、市内各店のこだわりの調理方法でおもてなし。

 店によって秘伝のゴマダレや食べ方が違うので、毎年「お気に入りの一膳」を探しに何軒も足を運ぶファンが多い人気フェアです。

 10回目を迎える今年は、当初5月開催を新型コロナウイルスの影響で延期され、この秋に開催! 春とは一味違う、秋ならではの天然真鯛のうま味を堪能するまたとないチャンスです。

ふくつ観光協会

一口に「鯛茶づけ」といっても参加18店舗で個性いろいろ

目指すは全店制覇!? スタンプラリーも実施

 「食べ比べを楽しんでもらいたい」(ふくつ観光協会)のでスタンプラリーも展開されています。気軽に応募できる「3食カード」と、5店舗以上で応募できる「5店舗チャレンジシート」があり、中には全店網羅する猛者もいるそうです。

<福津の鯛茶づけ3カ条>
一、玄界灘で獲れた活(い)きのよい天然真鯛を使用
一、お茶かダシ汁をかけて、ご飯と一緒に召し上がれ
一、各店舗こだわりの調理方法でおもてなし

「ふくつ光の道開運スイーツフェア」 Part2 9月16日~11月1日(日)

絶景“光の道”をモチーフに味にもビジュアルにもこだわったスイーツ

 年に2回だけ見られる絶景として国内外から注目を集めている、宮地嶽神社(同市)の「光の道」。夕日が海から真っすぐ参道に伸びる厳かな景色は多くの人を引き付けます。

 この景色をモチーフに、福津市内のスイーツショップ、和菓子店、カフェがオリジナルのスイーツを開発しました。2019年の初開催に続いて今年は2回目。協賛店は前回の18店舗から22店舗(新規参加は7店)に増えています。

ふくつ観光協会

「光の道」をテーマにしたスイーツを22店舗で提供

あなたは「恋愛運」? それとも「金運」?

 「光の道」という共通テーマのほか、各店「恋愛運」「金運」のどちらかの運気アップもテーマに掲げていて、気になる運気に合わせて店を選ぶ楽しさもあります。

 また、スイーツフェアのチラシやポスターの写真を撮ってインスタグラムでシェアすると、ご当地スイーツなど詰め合せが当たるプレゼント企画も実施中です。さらに参加店のスイーツ写真を投稿すると、当選確率がアップするといいます。

オンライン祈願祭@宮地嶽神社

 フェア初日には、宮地嶽神社で“玄界灘の天然真鯛”と“光の道開運スイーツ”のおはらいとフェアの成功が祈願されました。ふくつ観光協会のフェイスブック、インスタグラム公式アカウントで、この様子がライブ配信されました。

「ふくつの鯛茶づけフェア」&「光の道開運スイーツフェア」

期間:9月16日〜11月1日(日) ※2つのフェアを同時開催
場所:福岡県福津市内の協賛店舗全40店(鯛茶18店、開運スイーツ22店)
主催・問い合わせ:ふくつ観光協会(福津市中央3-1-1)
電話:0940-42-9988

※掲載されている情報は、2020年09月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【マイナポイントとは?】お得な決済サービスを徹底比較!
    Mochico2408
  2. 2「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請…
    Mochico2408
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部