緻密な切り絵を手すき和紙に「切り絵展 たゆたう」開催中

 「切り絵展 たゆたう」が、ジュンク堂書店福岡店のMARUZEN ギャラリー(福岡市中央区)で9月10日(火)まで開催中です。切り絵アトリエ兼ギャラリー「くろくも舎」を主宰する切り絵作家・松原真紀さんの八女手すき和紙を使った切り絵作品約50点が展示販売されています。
くろくも舎

 切り絵作家の松原真紀さんは、動物や昆虫、花、人物など自然、命あるものをテーマに、切り絵、切り絵を生かしたデザインなどを手掛けています。作品には福岡県の伝統工芸品である八女手すき和紙が使われ、創作は全て手作業です。

 福岡県八女市福島白壁通りにある、松原さんのアトリエ兼ギャラリー「くろくも舎」で展示されている作品の中から、今回は約50点が展示販売されます。

 額に入った切り絵、ゆらゆら宙を泳ぐ切り絵など、創意工夫された作品は幻想的で、緻密に切り込まれた造形が目を引きます。
 
 「温かな人、手仕事、物、コトにあふれた八女の古い町並みを、うろんころん(ぶらりと)しながら制作した作品を、ぜひこの機会にご覧ください」と松原さん。

<松原真紀プロフィル>
 福岡県八女市福島地区生まれ。独学で切り絵を学び、懐かしい物好きが高じて、2010年に同市白壁造りの城下町にある町家で、切り絵のアトリエ兼ギャラリー「くろくも舎」を開始。地元の伝統工芸品である「手すき和紙」を使った切り絵の可能性について模索しながら活動中。「ガラス戸装飾切り絵」九州新幹線 筑後船小屋駅(JR鹿児島本線)駅舎待合室、「雛人形と兜の屏風デザイン切り絵」八女人形会館、「本町834サイダー」ラベル切り絵(福岡デザインアワード入賞)など。

切り絵展「たゆたう」

開催期間:9月1日~10日(火) 10:00~20:00
※最終日は16:00まで
場所:ジュンク堂書店 福岡店 MARUZENギャラリー
(福岡市中央区大名1-15-1 天神西通りスクエア2階)
問合せ:くろくも舎(松原)
電話:090-5021-4718

※掲載されている情報は、2020年09月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2祖母が語った不思議な話・その拾肆(じゅうよん)「海が呼…
    チョコ太郎
  3. 3【マイナポイントとは?】お得な決済サービスを徹底比較!
    Mochico2408
  4. 4祖母が語った不思議な話・その拾壱(じゅういち)「髪」
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その拾参(じゅうさん)「古い家」
    チョコ太郎