【マイナポイントとは?】お得な決済サービスを徹底比較!

 2020年9月から「マイナポイント事業」がスタートします。ポイント還元を受けるには、たくさんあるキャッシュレス決済から一つを選び、買い物もしくはチャージをすることが条件です。 キャッシュレス決済サービスはどこがお得なのか調べてみました。ぜひ参考にしてくださいね!
この記事の目次

マイナポイントとは?

 マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済サービスでチャージやお買い物をすると、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが「マイナポイント」のしくみです。一人あたり5,000円分が上限となります。

 流れとしては、マイナンバーカードを取得 → マイキーIDの設定を行う → 利用したいキャッシュレス決済サービスを一つ選択して、マイナポイントを申し込む → 選択した決済サービスを利用して買い物やチャージをすると、マイナポイントが決済事業者を通して付与される。
ということになります。今回は決済サービスの選び方について解説していきます!

お得な決済サービスは?

決済サービスには様々な種類があります。詳しく見ていきましょう。

QRコード決済

〇〇ペイに代表される、QRコードやバーコードを用いた電子決済システムのことです。スマートフォンを用いて決済するものが多いですね。
 5,000円還元のプラスアルファの特典について調べてみました。※2020年9月19日調べ

 PayPay:抽選で1等100万円相当のPayPayボーナスポイントが当たるキャンペーン(8月31日までの登録完了)→キャンペーン終了
 LINEPay:10%OFFの「スペシャル特典クーポン」(割引上限2,500円分)×2枚付与(9月9日~11月25日までの申込み完了)
 メルペイ:抽選で最大1,000万円(総額1億円)相当のポイントを付与するキャンペーン(9月30日までに申込み完了)
 FamiPay:先着10万名への500円相当のFamiPayボーナスプレゼント(9月30日までに申込み完了)
 auPay:上限1,000円相当のau PAY 残高を還元(2021年3月31日までに申込み完了)
 d払い:最大2,500円分のdポイントを付与(9月30日までに申込み完了。ドコモのクレジットカード「dカード」で登録。さらに2万円分チャージまたはお買物をする。)
 ゆうちょPay:ゆうちょPayポイントをもれなく1,500ポイントプレゼント(2021年3月31日までに申込み完了)
 楽天Pay:最大800ポイント付与(9月30日までに申込み完了。楽天カードでチャージし、楽天キャッシュ払いで2万円利用した場合の計算。)

 お得なキャンペーン内容は、期間によって変わることがあります。申し込みの前に、必ず公式ホームページで最新の内容を確認してください。

電子マネー

お金をチャージして使う電子マネーも対象です。特典があるものをまとめました。※2020年9月12日調べ

 nimoca:抽選で1,000人に10,000nimocaポイントプレゼント(2021年3月31日までに申込み完了。さらに累計20,000円のチャージ)
 nanaco:抽選で最大50,000nanacoポイントプレゼント(10月31日までに申込み完了。さらにセブン銀行ATMで累計5,000円のチャージを一口とする)
 WAON:最大2,000WAONポイント付与(2021年3月31日までに申込み完了。さらに上限20,000円のチャージ)
 ゆめか:最大2,000ゆめかチャージ付与(2020年9月30日までに申込み完了。さらに累計20,000円のチャージ)
 
 他にも福岡県民に馴染みのある「はやかけん、SUGOCA、Bibica、masaca、トライアル電子マネーサービス、楽天Edy」などでも申込みが可能です。

その他

・クレジットカード
・プリペイドカード
・デビットカード
も対象です。
 具体的な種類は、総務省のマイナポイントホームページの「対象となるキャッシュレス決済サービス検索」というページで確認することができます。

選ぶ時のコツは?

 様々な特典があるので、どこを選ぶのか迷ってしまいますね。
大切なことは3つです。

・お得なキャンペーン内容か
 せっかく登録するなら、お得なキャンペーン内容を選ぶことがおすすめです。

・よく使うキャッシュレス決済か 
 ポイントを付与されても、期間内に使いきれず失効してしまっては元も子もありません。自分にとって使いやすいキャッシュレス決済か良く考えましょう。

・なるべく早く申込み完了をする
 マイナポイントの付与は先着4,000万人と決まっています。「迷っているうちに定員に達してしまった!」という事態にならないように、になるべく早くマイナポイントの予約と「マイキーID」の設定を行いましょう。

子どもの手続きはどうすればいいの?

自分用のスマホを持っていない、15歳未満の未成年のマイナポイントの予約(マイキーIDの設定)は、親のスマートフォンで行うことができます。ただし、親と子で異なるキャッシュレス決済を選ぶことが条件となります。
(例)親はLINE Payで申込み、子はPayPayで申込み、など

まとめ

 ここまでお付き合いいただきありがとうございました。文章で読むと「面倒だなぁ…」と思うかもしれません。しかし一回選んでしまえば、あとは特典を受けるのみです。数多くあるキャッシュレス決済の中から自分に合うものを選びましょう!
 5000円分とプラスアルファのポイントがもらえるこの機会、早めに手続きすることをオススメいたします。次回マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)の具体的な方法について解説します!

あわせて読む
【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請してみた!
あわせて読む
【マイナポイントとは?】コンビニでマイナポイント申込んでみた!
※掲載されている情報は、2020年09月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【マイナポイントとは?】お得な決済サービスを徹底比較!
    Mochico2408
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請…
    Mochico2408
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 【マイナポイントとは?】お得な決済サービスを徹…