祖母が語った不思議な話・その捌(はち)「はやく来い」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。
チョコ太郎

 祖母が十二、三歳の頃、病でふせっている親戚を見舞いに行った。

 病気の○さんは座敷で寝ているとのことで、奥さんに具合を聴いていると叫び声が聞こえた。

 「…を…てくれ!」
 
 顔色を変えて立ち上がった奥さんに祖母がついて行くと、病人の寝ている部屋から意味の分からない悲鳴が聞こえる。
 あわてて部屋に入ると寝ていた◯さんが叫んだ。

チョコ太郎

 「向きを変えてくれ!」

 訳も分からないまま、奥さんと二人で敷き布団ごとぐるっと回すと○さんは落ち着き、眠ってしまった。

 奥さんによると床を用意する時は床の間に頭を向けているのに時々逆向きになっており、そんな時病人は必ず叫ぶのだと言う。

 さらに奥さんは「逆向きになると『はやく来いはやく来い』という声が聞こえるって○が言うのよ」と暗い顔で語った。

チョコ太郎

 家に帰って家族にこの様子を告げ、広い家なのに何故ほかの部屋に病人を移さないのか尋ねると「あそこはいろいろあるんだ」と祖母のおじいさんがぽつりと言った。

※掲載されている情報は、2020年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2祖母が語った不思議な話・その拾壱(じゅういち)「髪」
    チョコ太郎
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 43才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5祖母が語った不思議な話・その参「雨宿り」
    チョコ太郎