夏は、さっぱり美味な「冷たい麺」! 福岡市内の7店舗を紹介

 夏ならではのグルメといえば、「冷たい麺」ですよね。パスタやうどん、ラーメンなどそれぞれの麺のおいしさを存分に生かした個性的な冷たい麺が登場しています! そこで、福岡市内でとっておきの「冷たい麺」7店舗を紹介します。 ※価格は全て税込み価格
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

撮影場所:GAVINO

生ハムのレモンクリームソース【GAVINO】〈〜8月下旬〉

「生ハムのレモンクリームソース」(1,100円)

濃厚なのに後味さっぱり! レモンの爽やかな風味が夏にぴったり

 イタリアで修業したオーナーシェフが作る本格イタリアンをカジュアルに楽しめる人気店で夏のイチオシは、ランチで提供する冷製パスタ「生ハムのレモンクリームソース」(1,100円)。細いパスタ麺によく絡むクリームソースと、レモンの爽やかな酸味がマッチし、濃厚なのに後味さっぱり。さらに、長期熟成した生ハムのうま味と塩気がおいしさを引き立てます。ランチセット(1,500円)はサラダ、前菜、パン、デザート、コーヒーが付き、ボリュームも満点です。ランチタイムは11:30〜14:00。

キッシュなど前菜4品とサラダ、パン

「8月下旬までの限定メニューです」とオーナーシェフの山田健治さん

GAVINO(ガヴィーノ)

住所:中央区平尾3-20-2
電話:092-522-5586

アボカドと海老天ぶっかけ【うどん日和】〈通年〉

「アボカドと海老天ぶっかけ」(770円)

コシの強い讃岐麺に完熟アボカド、ぷりっぷりの海老天をトッピング

 福岡県産の小麦粉を使ったコシが強い麺が味わえる讃岐うどん専門店の「アボカドと海老(えび)天ぶっかけ」(770円)は、2012年のオープン以来、口コミで広がった人気メニューです。完熟アボカドと海老天3尾がのった冷たい麺に、コンブなど6種類のだしを使った甘めのつゆをぶっかけるスタイル。麺のツルツル感や喉ごし、アボカドのクリーミーな味わい、サクサクぷりっぷりの海老天のおいしさを一度に味わえます。

つゆにもカットしたアボカドがゴロゴロ!

「夏はもちろん冬も人気です!」と料理長の北嶋正孝さん

うどん日和

住所:中央区六本松4-4-12
電話:092-714-5776

冷製トマトつけそば【ラーメン カナデヤ】〈〜9月上旬予定〉

「冷製トマトつけそば」(700円)

濃厚トマトつゆに箸が進む“トマえもん”!

 とんこつラーメンや創作麺で話題の人気ラーメン店で、この夏注目の創作麺は「冷製トマトつけそば」(700円)。キンキンに冷やした特注細麺を、生バジルの香り爽やかな自家製トマトつゆで味わいます。かつおだしの和風スープをベースに、ラーメンのしょうゆダレとトマトペーストを加えたトマトつゆは濃厚で、うま味たっぷり。トッピングなしのシンプルさながら、どんどん箸が進み、1.5玉の麺をつるっと完食できます。通称「トマえもん」と呼ばれる、かわいい盛り付けも注目です!

麺とよく絡むつゆには刻んだトマト、タマネギ入り

「お酒の締めにも、おすすめです!」と店主の瀧本恒幸さん

ラーメン カナデヤ

住所:南区塩原4-10-22
電話:092-512-8253

桃の冷製スパゲッティーニ【イタリアンとTSUMAMI キム翔】〈〜8月中旬予定〉

「桃の冷製スパゲッティーニ」(夜は1,600〜1,800円)

リピーターが続出! 桃とトマトの上品マリアージュ

 フルーツを使ったパスタやお酒に合うイタリアンが人気。毎年、リピーターが続出する夏のおすすめは、桃を丸ごと1個使った「桃の冷製スパゲッティーニ」(夜は1,600〜1,800円)。桃のスライスの下には、生トマトを使った冷製パスタが。桃のほのかな甘味とトマトのうま味が絡み合い、上品な味わいが広がります。ランチ(11:30〜15:00)は、2,500円と3,000円のコースで提供。2人以上、前日までに要予約。

桃を1個半使ったかき氷「桃雪」は、ランチコースに+700円で提供

 「詳しくはインスタグラムで」と、マネジャーの宮永翔太さん。

「詳しくはインスタグラムで」とマネジャーの宮永翔太さん

イタリアンとTSUMAMI キム翔

住所:中央区薬院3-7-16
電話:092-753-7435

海鮮と彩り野菜の冷やし中華【チャイニーズキッチン 真心】〈〜8月中旬予定〉

「海鮮と彩り野菜の冷やし中華」(1,000円)

旬の野菜と海鮮がたっぷり。見て、食べて元気になる一皿

 ホテル日航福岡で腕を磨いたシェフの中華料理が評判の店。夏季限定の「海鮮と彩り野菜の冷やし中華」(1,000円)はアスパラガス、オクラ、ゴーヤーなど10種類以上の野菜に、エビなどの海鮮をトッピング。一口ごとに具材の味、食感の違いを楽しめます。ソースはラー油の香り立つ「ピリ辛ゴマ風味」、程よい酸味の「黒酢風味のさっぱり醤油(しょうゆ)」が選べ、どちらもクセになるおいしさです。提供はランチのみ(11:30〜13:45)で、ミニマーボー丼またはデザート付き。

新メニュー「海鮮五目冷やし中華」(1,000円、限定10食)もさっぱり

「ランチのみ、限定10食です」とオーナーシェフの原田泰憲さん

チャイニーズキッチン 真心(しんしん)

住所:中央区渡辺通2-3-8
電話:092-715-6767

トムヤムクン冷麺【杏仁荘】〈〜8/2(日)予定〉

「トムヤムクン冷麺」(990円)

酸味、辛味、甘味のバランスが絶妙なエスニック冷麺

 担々(たんたん)麺と杏仁(あんにん)豆腐が自慢のバル風中華料理店で夏季限定の「トムヤムクン冷麺」(990円)は、女性に人気のエスニック風味。酸味、辛味、甘味のバランスが絶妙なしょうゆベースのオリジナルスープに、ツルッと食べられる自家製の中華麺がよく合い、スッキリとした味わいです。水菜や揚げナス、頭から尻尾まで丸ごと食べられるエビがトッピングされて、具だくさん。ランチタイム(11:30〜L.O. 14:10)限定のメニューです。

「杏仁豆腐」(550円・数量限定)はもちもち食感

「レモンを搾れば、より爽やかです!」と店長の石倉渉さん

杏仁荘

住所:博多区博多駅南4-17-6
電話:092-481-1633

冷麺【正宗 鶏西大冷麺】〈通年〉

「冷麺」(780円)

中国・鶏西市の名物麺。甘酸っぱいスープ&弾力麺が美味!

 中国の北東部に位置する鶏西市の麺料理が味わえる注目店。19歳まで鶏西市で暮らした店主・中山波夫さんが作る「冷麺」(780円)は、本場の味を忠実に再現。だしを入れず、砂糖、酢、しょうゆ、塩で味付けした透明スープは、すっきりとした甘酸っぱさが魅力。自家製の細麺は約50cmと長く、弾力も強いため、はさみで切りながら食べるスタイル。トッピングのピリッと辛い大根の漬物とパクチーの香りがアクセントに。ここだけの味をぜひ!

はさみを鉢に豪快に突っ込んで、チョキチョキと麺をカット!

「一度食べたら忘れられない味。刀削麺もぜひ!」と店主の中山波夫さん

正宗 鶏西(けいせい)大冷麺

住所:東区名島3-29-13
電話:090-1921-5277

※掲載されている情報は、2020年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【幼稚園ママにドン引き】撮影命のママが参観中、先生にク…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408