祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
チョコ太郎

イラスト:チョコ太郎

 祖母が生まれる前から、家にはシロという真っ白な犬が飼われていた。
 とても大人しく、よく言うことを聞くので皆からたいそうかわいがられ、祖母も姉妹のように仲良く育った。

 祖母が六歳頃の日暮れ時、風呂の焚き付けをしているとシロが火がついたように吠えだした。
 あわてて表にまわると、これまで見たこともないような形相で、つないでいた紐を噛み切ろうとしている!
 「シロ、どうした?」祖母が近づいたその時、シロは紐を引きちぎり矢のように走り出した。

チョコ太郎

「シロー!シロー!」
 しばらくそのあたりを探してみたが見つからない。
 どんどん日も落ちるし泣きそうになっていると、隣村に行っていた祖母の父親がシロと一緒にこちらに歩いてくるのが見えた。

チョコ太郎

 「どこでシロを?」祖母が聞くと、父は答えた。

 「帰り道の途中から、ずっと何かの群れがつけてきててなあ…南無三と思った時にシロがやって来たんだ。すると気配がなくなってな。こいつのおかげで助かった」

 父の側でシロは得意そうに大きく尻尾を振った。

※掲載されている情報は、2020年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部