手染め織物の美しさ「絲衣司 紫と茜物語」【はかた伝統工芸館】

 「絲衣司(いとごろものつかさ)紫と茜物語」が、7月17日(金)~21日(火)、はかた伝統工芸館(福岡市博多区)で開かれます。京都の「爪掻本綴(つめがきほんつづれ)」、「京絞り」、東京の「江戸古法友禅」の作家・織元による作品展です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
はかた伝統工芸館

 日本の伝統工芸の一つ、京都の爪掻本綴と京絞り、東京の江戸古法友禅。これらの伝統的な技を駆使しながらも、現代的な表現でデザインした作品が紹介されます。

 今回のテーマは「紫と茜」。紫根(しこん)と茜(あかね)で手染めで染め上げた、こだわりの糸で織った着物や帯、小物など約100点が展示販売されます。

 主催の「絲衣司」は、服部秀司(服部綴工房)、寺田豊(京絞り)、高橋孝之(染の高孝)による職人集団。「着物をすてきに楽しく」をモットーに、京都をはじめ日本全国で活躍中です。


<作家プロフィル>

服部秀司(服部綴工房)
 河合玲デザイン研究所でテキスタイルを学び、日本国内での爪掻本綴の製作を守り伝える。近年では創造的な織技法・意匠考案や糸染を自ら手掛け、各地で個展を展開。

寺田豊(京絞り)
 1994年、パリ市主催のバカテル城での工房展を皮切りに個展活動を始める。96年パリ国立ギメ美術館が「雲に萩」を購入。中村芝雀主演「人魚の恋椿」羽衣衣装制作。京鹿の子工芸展で知事賞、市長賞など毎年受賞。

高橋孝之(染の高孝)
 1966年戸塚工芸社入社。父恒治から引き染ぼかしと一珍染、兄更聖から江戸更紗を習得後、独立。東京都工芸染色協同組合相談役、東京都伝統工芸士会理事、東京手描き友禅伝統工芸士会会長、社団法人日本染織作家協会理事。

はかた伝統工芸館

 7月18日(土)、19日(日)、21日(火)には、着物講師の木耶(きや)ラさんの「3分間で着あげる付け下げと二重太鼓のデモンストレーション&講習」が開かれます。

 毎回、付け下げと二重太鼓の着付けの実演が披露され、講習では着崩れする人へのアドバイスや、長襦袢(じゅばん)の着付けの大切さなども学べます。申し込み不要、無料なので気軽に参加できます。

 古くから受け継がれる伝統的な技法、日本の伝統工芸の粋を鑑賞できる貴重な機会です。着物の魅力を再発見しに、出かけてみるのもいいですね。

はかた伝統工芸館

木耶ラさん

「3分間で着あげる付け下げと二重太鼓のデモンストレーション&講習」
日時:7月18日(土)、19日(日)、21日(火)14:00~15:00 
料金:無料
内容:付け下げと二重太鼓の着付けの実演、着崩れを防ぐ方法や長襦袢の着付けについて
講師:木耶ラさん(福岡県出身。オンラインでの着物講座や着付け指導を各地で開催)

はかた伝統工芸館「絲衣司 紫と茜物語」

日時:7月17日(金)~21日(火)10:00~18:00(入館は17:30まで)※最終日は16:00まで
場所:はかた伝統工芸館1階(福岡市博多区上川端町6-1)
料金:無料
主催:絲衣司
問い合わせ:はかた伝統工芸館
電話:092-409-5450

※掲載されている情報は、2020年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【幼稚園ママにドン引き】撮影命のママが参観中、先生にク…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408