映像や噴水! キャナルアクアパノラマ「YAMAKASA」上演中

 キャナルシティ博多(福岡市博多区)で、この夏も博多祇園山笠の大迫力を感じませんか? 映像×噴水×音響×照明のアトラクション、キャナルアクアパノラマ「YAMAKASA」を7月14日(火)まで上演中です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 新型コロナウイルスの影響で、博多祇園山笠の関連行事は来年に延期になりました。キャナルシティ博多で毎年奉納されている飾り山笠も見られず、残念に思っている人は多いのではないでしょうか。

 そんな人に朗報です! キャナルアクアパノラマ「YAMAKASA」が7月1日~14日(火)の期間、例年通り上演されることに。「⼭笠の起源は“疫病退散”とされており、福岡のまちを元気にしたい」という同館の思いと博多祇園⼭笠振興会の理解で実現しました。

 大画面に映し出される⼭笠の感動と迫⼒。福岡の夏を、ここで味わうことができますね!

キャナルシティ博多

※上演イメージ

博多祇園⼭笠の迫⼒と感動を約2,500インチの大画面で再現

 約2,500インチの大スクリーンに、博多祇園⼭笠の起源や歴史の紹介のほか、「オイサ!」の掛け声に合わせて男たちが櫛⽥⼊りする大迫⼒の映像が映し出されます。
 映像に合わせて噴き上がる噴水は、まるで勢水(きおいみず)のように感じられます。山笠の「静」と「動」の魅⼒が存分に伝わる、スペシャルなプログラムです。

【上演概要】
日時:7月1日〜14日(火)20:30 1回約4分
場所:サンプラザステージ(地下1階)、上層階各フロアから観覧可能
制作:エフ・ジェイエンターテインメントワークス
素材提供:博多祇園⼭笠振興会、福岡市、九州朝日放送、八田公子

<アクアパノラマ観覧時の新型コロナウイルス感染症対策について>
 観覧の際はマスクの着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンスの確保の協力を。体調不良の場合は来館見合わせを。

キャナルシティ博多

場所:福岡市博多区住吉1-2
問い合わせ:キャナルシティ博多情報サービスセンター
電話:092-282-2525

※掲載されている情報は、2020年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部