祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母は、ちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつ紹介していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
チョコ太郎

イラスト:チョコ太郎

 祖母が十歳の夏、日がかんかんに照っている昼間、自分の家で怪異に遭遇した話。

 家族全員、朝早くから畑仕事に出ていたが、昼食を準備するために祖母は一人で家に戻った。
 籠(かご)におにぎりと漬物を入れ、薬缶をおくどさん(かまど)にかけようとした時、視界の端で何かが動いた。

チョコ太郎

お昼の準備をしていると…

 向き直るとそこには大きな鼠(ネズミ)がいて、こちらを見ている。
 祖母は鼠から目が離せなくなり、体も動かず声も出せなくなった。

 鼠が少しずつ近づいてくる。
 「あぁ見てはいけない!」…そう思えば思うほど鼠の目以外は見えなくなり、息もできなくなった。

チョコ太郎

凍りついた時間

「どうした?」
 心配して見に来たおじいさんの一声で息をつけ、動けるようになった。
 鼠は、もうどこにもいなかった。
 ほんの2、3分くらいと感じていたが、小一時間経っていたそうだ。

 子(ね)年生まれの祖母はそれ以来、大の鼠嫌いになった。

※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  2. 2【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【別府温泉が、おうちに届くキャンペーン中!】話題沸騰!…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4えっ!結婚してから夫の手取りが16万円だと知りました
    ファンファン福岡編集部
  5. 5夏休みにお宅拝見!ママ友の家を渡り歩き、エアコン代を節…
    ファンファン福岡編集部