祖母が語った不思議な話・その壱「神社」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母は、ちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつ紹介していきます。
チョコ太郎

イラスト:チョコ太郎

 七月の昼下がり…祖母が四、五歳の頃、祖母は神社の前の地面に棒で絵を描きながら一人遊んでいた。

 ふと何かの気配を感じて顔を上げると、目の前に広がる田んぼの遥か向こうの竹薮が風もないのに左から右へ倒れて行く。

チョコ太郎

 「不思議だなぁ…」と思って見ていると、何かがぐるっと祖母を取り囲み、周囲の木々も激しくなびいてきた。
 幼かった祖母は、本能的に「これは魔物だ!」と感じたが体が動かない。

チョコ太郎

 「もう駄目だ」と思い目をつぶった時、頭から何かをふわっとかぶせられた。
 その刹那、もの凄い速さで何かがそばを駆け抜けて行った。

 しばらくして目を開けると祖母は一人、鳥居の内側にしゃがんでいたそうだ。

 この話を聞かせてくれた後、目を細めながら祖母はつぶやいた。
 「氏神様が守ってくれたんだよ、きっと」。

※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2祖母が語った不思議な話・その拾壱(じゅういち)「髪」
    チョコ太郎
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 43才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5祖母が語った不思議な話・その参「雨宿り」
    チョコ太郎