北九州のホテルで非日常体験!リフレッシュにおすすめな8選をご紹介

おうち時間が長いと、泊まりがけでリフレッシュしたくなりますよね。北九州には、そんな時に訪れたくなるホテルが沢山あるんです!今回は、北九州でぜひ利用してほしいホテルを3エリアに分けてご紹介。観光やテレワークなど様々な用途で使える情報をお届けしますよ♪
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

1. 【小倉】格式高い北九州の名門ホテル「リーガロイヤルホテル小倉」

最初にご紹介するのは、小倉駅から徒歩約3分の「リーガロイヤルホテル小倉」です。いわずと知れた高級ホテルグループ「リーガロイヤルホテル」。この小倉にあるホテルも、当然ながら極上の時間を過ごすことができますよ◎

夜景の見下ろせるお部屋は30平米以上の広さ!

「リーガロイヤルホテル小倉」は、1番お手頃なプランでも30平米の広々としたお部屋。格式の高さが隅々からうかがえて、非日常の時間を味わうことができますよ♪人生で1度は泊まってみたいこちらのホテル。是非この機会に予約してみてはいかがですか?

リーガロイヤルホテル小倉
詳細情報を見る
rakuten_travel
ikyu
jalan_hotel
tabelog

2. 【小倉】北九州のターミナル駅直結のホテル!「JR九州ステーションホテル小倉」

続いてご紹介するのは「JR九州ステーションホテル小倉」。なんとこちらのホテルはその名の通り、"北九州の玄関口"小倉駅直結のホテルなんです!このアクセスの便利さはもちろんのこと、サービスや設備も充実したホテルとなっていますよ◎

ホテル内も周辺も便利で過ごしやすい◎

お部屋の過ごしやすさは抜群でベッドの寝心地もいいので、移動で疲れたらすぐにお部屋へ上がって休憩しちゃいましょう♪

ホテル内のレストランで頂く朝食の評価も高く、駅直結なので周辺も便利。テレワークに合わせたプランや家族向けプランなどもあるので、北九州で宿泊する際には必見のホテルですよ!

JR九州ステーションホテル小倉
詳細情報を見る
rakuten_travel
jalan_hotel

3. 【小倉】和洋の粋が詰まった北九州の格式高いホテル「アートホテル小倉 ニュータガワ」

次にご紹介するのは、優雅な雰囲気が味わえる北九州のホテル「アートホテル小倉 ニュータガワ」。小倉駅から徒歩約12分の所にあり、北九州モノレール旦過駅からは徒歩約2分です。また約300台を収容できる近隣の提携駐車場は1泊¥1,200(税込)で利用できるので、車での利用もおすすめですよ◎

こちらのホテルは、西洋と日本の装いが織り交ざった格式高い空間となっています!

豪華な日本庭園も兼ね備えた"粋"な空間!

先ほどの写真の"スタンダードセミダブル"のような豪華な西洋風のお部屋もあれば、ヒノキのお風呂が付いた"和室"もあるのが「アートホテル小倉 ニュータガワ」の魅力。日本庭園や離れもあり、特別な時間を過ごすことができます!

格式高く和洋の粋にあふれたこちらのホテル。記念日のような大切な日に、是非訪れてみては…?

ホテルニュータガワ
詳細情報を見る
rakuten_travel
rakuten_travel
ikyu
jalan_hotel
他のサイトで見る

4. 【黒崎】コスパ抜群の駅近ビジネスホテル!「西鉄イン黒崎」

続いてご紹介するのは、黒崎エリアで人気のホテル「西鉄イン黒崎」です。こちらは、黒崎駅から徒歩約2分とアクセス抜群で、ビジネスホテルとは思えない設備やサービスの充実度が魅力のホテル。出張はもちろん、観光やテレワークでもおすすめのホテルですよ!

テレワークでの利用にもおすすめのホテルです◎

館内は清潔に保たれていて、高級感すらも感じさせてくれます。大浴場や無料朝食バイキング(2020年6月現在は休止中)も魅力で、テレワークプランを利用すれば、仕事もはかどること間違いなしですよ◎コスパよく気分転換できる「西鉄イン黒崎」は、北九州でおすすめのホテルです!

西鉄イン 黒崎
詳細情報を見る
rakuten_travel
jalan_hotel

5. 【黒崎】長期滞在も可能な北九州のホテル「ステーションフロントイン黒崎」

続いては、黒崎駅から徒歩約3分と駅近の「ステーションフロントイン黒崎」についてご紹介します。実はウィークリーマンションとしてオープンしたこちらの施設ですが、ホテルのように1泊での利用も可能なんです◎

1週間以上過ごすことを目的に作られたお部屋なので、その設備はとっても充実しているんですよ!

「ステーションフロントイン黒崎」のお部屋には、通常のホテルではあまり見かけない"キッチン"が付いています!また、お部屋の広さが25平米以上あったり、バスルームとトイレが別だったりと、長期間でも過ごしやすいように作られた「ステーションフロントイン黒崎」。長期でも短期でも、目的に合わせて利用してみてくださいね♪

ステーションフロントイン黒崎
詳細情報を見る
rakuten_travel
jalan_hotel

6. 【八幡】北九州で心ゆくまでくつろげるホテル!「千草ホテル」

続いてご紹介するのは、八幡駅から徒歩8分の所にある「千草ホテル」。完全無料の駐車場も80台分あるので、車で行くのにもとっても便利ですよ◎

こちらのホテルは隅々までこだわられた装いで雰囲気もいいのですが、思わず疑いたくなるようなコスパの高さも魅力なんです…!

旅館とホテルの良さを兼ね備えた空間で癒されましょう…!

お部屋は和洋ともにゆったりとした設計になっていて、存分にくつろぐことができます!また和室だと夕食をお部屋で頂けるので、人目を気にせずゆったりと楽しめます。日常の疲れから癒されて、気分をリフレッシュするのにぴったりのホテルですよ♪

千草ホテル
詳細情報を見る
rakuten_travel
jalan_hotel

7. 【門司】北九州の港町・門司の象徴的なホテル!「プレミアホテル門司港」

ここからは北九州を代表する港町"門司エリア"のホテルをご紹介!

関門海峡を目の前にそびえたつ特徴的な建物は、門司で愛されるデザイナーズホテル「プレミアホテル門司港」です。"門司の鮫"をイメージしてデザインされたホテルは、レトロな街並みが人気の門司の象徴的な建造物となっています!

優雅な"非日常"を過ごすことができます…♡

「プレミアホテル門司港」のお部屋からは、関門海峡か門司のレトロな街並みを眺めることができます♪デザイン性が高いお部屋は居心地がよく、館内のサービスもまさに一級品。非日常の素晴らしい時間を過ごすことができますよ。

ホテル周辺は観光や海産物が有名で、港へのアクセスがいいのも魅力。是非1度訪れてほしい筆者おすすめのホテルです!

プレミアホテル門司港 (【旧店名】門司港ホテル)
詳細情報を見る
rakuten_travel
ikyu
jalan_hotel
tabelog

8. 【門司】コスパよく門司を満喫できる北九州のホテル!「ホテルルートイン門司港」

最後にご紹介するのは、門司港駅から徒歩約14分の所にある「ホテルルートイン門司港」です。こちらのホテルへは、駅から無料のシャトルバスが出ているのでアクセスは安心!また、約80台分の無料駐車場もあるので、車でドライブしながら訪れるのもおすすめですよ◎

「ホテルルートイン門司港」は、そのコスパの良さが人気の秘密なんです!

北九州の海を眺めながらリラックスできます♪

こちらのオーシャンビューは、なんと男性用大浴場からの景色!豊かな自然の中で過ごせるので、リフレッシュにはもってこいですよ。また、無料の朝食など様々なサービスが揃っているので、門司を満喫したい方は是非こちらのホテルに宿泊してみてくださいね◎

ホテルルートイン 門司港
詳細情報を見る
rakuten_travel
ikyu
jalan_hotel

北九州の魅力的なホテルでリフレッシュはいかがですか?

今回は、北九州の魅力的なホテルについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

おうち時間が増えてリフレッシュが必要になったときには、北九州エリアのホテルに宿泊するのがおすすめ!観光はもちろん、テレワークで仕事をしながら環境を変えることもできるので、是非予約してみてくださいね♪

あわせて読む
北九州の観光名所へ行こう!定番から穴場までおすすめの10選
※掲載されている情報は、2020年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1めずらしくパパとくっついて寝ていた6歳娘の驚愕の一言!
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  3. 3簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部