鮮やかな色、自由な線。八頭司昂「ポートレート」展【みぞえ画廊】

 佐賀県を中心に活動する画家・八頭司昂(やとうじたかし)さんの個展「ポートレート」が5月30日(土)~6月14日(日)、福岡市中央区のアートギャラリー「みぞえ画廊 福岡店」で開かれます。鮮やかな色彩で描かれた作品約20点を展示。会期中はライブペインティングも実施されます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
八頭司昂

「Big Panda」

 今回の企画展のテーマは、ポートレート(肖像)です。

 油彩やアクリル絵の具で描かれた作品は、人物、樹木や植物など身近なモチーフを分解し、線と色面で再構成。鮮やかな色彩と自由自在な線が見どころです。製作期間は2016~20年。

 会場は肖像画、ドローイング、ライブペインティングの3パートに分かれています。

八頭司昂

 八頭司さんは1990年愛知県生まれ。2012年、第62回佐賀県美術展覧会佐賀県知事賞受賞。13年、英展大賞(田川市美術館)最年少受賞。15年に佐賀大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修修了。19年には大川市立清力美術館で個展を開催しています。

八頭司昂

「noise」

 「これまで群像とか集合体を描くことが多く、そこに生まれるカオスや抽象性と具象性の間を行き来するところに興味を持って描いていました。今はもっと集中してひとつひとつを描きたい。作品を見比べて楽しんでもらえたら」と八頭司さん。

八頭司昂

「ratvian laser」

 期間中の土・日曜にはライブペインティングが実施され、画廊内で5枚の”樹木”が描かれる予定です。ほかに横約8mの巨大な風景画1点にも加筆されるとか。八頭司さんのパフォーマンスを近くで見るチャンスです。

 「ライブペインティングではポートレートの連作をいくつか描こうと思っています。在廊中は来場者と直接話しができるので、お会いするのを楽しみにしています」と話します。

八頭司昂

「TB」

 作品が生まれる瞬間に立ち会えたり、作者と作品の話が気軽にできたりする、見逃せない機会といえそうですね。

みぞえ画廊 福岡店

日時:5月30日(土)~6月14日(日)10:00~18:00 ※企画展開催中は無休
場所:みぞえ画廊 福岡店(福岡市中央区地行浜1-2-5)
料金:入場無料
問い合わせ:みぞえ画廊 福岡店
電話:092-738-5655

※掲載されている情報は、2020年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1お出かけ時用マスクフォルダを100均クリアファイルで作…
    ちあきんぐ
  2. 2【別府温泉が、おうちに届くキャンペーン中!】話題沸騰!…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部