コロナげんか、コロナ離婚?! 「密」な6人家族の解決策とは?

 新型コロナウイルスの影響で、休校が続いた4人の子どもたち。さらに緊急事態宣言で、親もテレワークに。一気に家の人口密度が高くなり、家の中はハチャメチャ…。感染予防とは別の意味で、家族間にもソーシャルディスタンスを保つ必要があると痛感したのでした。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

「密」になった家庭内でイライラがたまり…

Photo AC

 普段は、学校と部活動(クラブ活動)で土日まで忙しくしている4人の子どもたち。緊急事態宣言が出てからは、全てが休みになり、毎日家で過ごすことになりました。普段から家で仕事をしている私に、テレワークになった夫がプラスされて、家の中は「密」な状態でした。

 高校3年生で受験生の長男は、弟妹の騒々しさに我慢ならない様子で、ずっとイライラ。時々、壁を殴りつけて威嚇します。中学2年生の長女は、部活もできず、運動不足のダラダラ生活。友達とも会えずに引きこもり状態。小学5年生の次男と小学3年生の次女は、あり余る元気を家の中で発散(=うるさい)。毎日、きょうだいげんかが絶えません。

 子どもたちが騒いでいると、集中できなくて私の仕事がはかどりませんし、夫がずっといるのも気になります。仕事がはかどらないのは夫も同じようで、うるさい子どもたちを怒鳴りつけることもしばしばです。子どもたちも夫の雰囲気を察してか、私にばかりきょうだいげんかの仲裁を求めました。

 毎日、家族6人分の食事を準備するのもかなりの負担で、私の仕事時間は削られてしまいました。それでも、夫は自分の仕事だけをしてあとは知らんぷり。私を含め、家族みんなのイライラがたまっていくばかりでした。

家の中でもソーシャルディスタンスが必要!

Photo AC

これではダメだ! 家族とはいえ、距離が近過ぎる! 家の中でも、お互いの距離を保つ必要があると思いました。そこで、家族会議を開催。それぞれがしたいこと(ゲームやTV)、しなければいけないこと(勉強や仕事)を挙げて、家の中での住み分け、時間分けを決めました。

 一戸建てに住んでいるものの、子どもたち4人は2階の子ども部屋を共同で使っているので、時間分けが必要でした。午前中は下の子3人が、午後は長男が子ども部屋で勉強することにしました。下の子3人は受験勉強の邪魔にならないように、午後は家の外で運動したり、1階でテレビを見たりして過ごします。

 私はいつも通り、午前中は1階のリビングで仕事。午後からは下の子3人の面倒を見ます。夫は終日、2階の寝室にこもって仕事。勝手に部屋には入らないルールも作りました。

 それぞれの時間と場所を確保することで、トラブルは減りました。とはいえ、狭い家の中で何カ月もこの状態を続けるのは無理があるかも…。状況に合わせて、臨機応変にルールを変更していく必要もありそうです。でも、緊急事態の時こそ、さまざまな工夫をしながら、共同生活で他者を思いやる気持ちを育てていきたいと思いました。

(ファンファン福岡公式ライター/おきょうさん)

※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  2. 2【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【別府温泉が、おうちに届くキャンペーン中!】話題沸騰!…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4えっ!結婚してから夫の手取りが16万円だと知りました
    ファンファン福岡編集部
  5. 5夏休みにお宅拝見!ママ友の家を渡り歩き、エアコン代を節…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • コロナげんか、コロナ離婚?! 「密」な6人家族…