「ママのこといじめるよね」―嫌味な姑を笑顔にした贈り物とは?

 私は姑(しゅうとめ)とは初めからあまり気が合いませんでした。同居でないだけまだよかったものの、会うたびに傷つくことを言われたり、母の日や誕生日にプレゼントを贈っても文句を言われたり。けれど、そんな姑の態度には、私自身にも原因があったのです。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

ショック! 私からのプレゼントがゴミ箱に

Rummy & Rummy - stock.adobe.com

 姑との関係が微妙でも、嫁は嫁です。きちんと自分の役割を果たすべく、母の日や誕生日にはいつもちゃんとプレゼントを贈っていました。

 何となく喜んでいなさそうだなと感じていましたが、私が贈ったプレゼントがゴミ箱に捨てられているのを偶然目撃してしまった時は、言葉を無くしました。もうプレゼントを贈るのは、やめてしまいたい…。けれど何もしないのも角が立つと思い、その後も心を無にしてひたすら行事をこなしていました。

 そんなある日、小学生になった娘が私に「おばあちゃん、いつもママのこといじめるよね」と突然言い出し、私は驚きました。教育上よくないと思いながらも、夫はいつも姑の味方だったので、ようやく味方ができたとほっとしました。

 まだ小学生の子どもたちに、思わず愚痴をこぼしそうになったその時です。娘から「おばあちゃんに、クマの縫いぐるみをプレゼントしようよ!」と提案されたのです。

祖母を思いやる娘の言葉が自分を振り返るきっかけに

Murphy44 - stock.adobe.com

 「なぜ、クマの縫いぐるみ?」と聞くと、「おばあちゃんはね、クマさんが好きなの」と娘に言っていたからだそうです。誰だって自分の好きなものをもらえれば、うれしいですよね。私は娘が祖母を思いやる気持ちに、自分がこれまで義務感だけでプレゼントを選んでいたことに気付き、恥ずかしくなりました。

 特にお祝いの日が近いわけではありませんでしたが、子どもたちの後押しもあり、その日の午後、子どもたちと一緒に大きなクマの縫いぐるみを買いに行きました。

 そして週末、家族みんなで縫いぐるみを届けに行きました。プレゼントのことは秘密にしていたので、姑は驚きながら「わあ、かわいい! それにすごく大きいね!」と大喜びしてくれました。

 本当にうれしそうな姑の顔を見て、私は反省しました。これまでは、無難なプレゼントを選び、届けに行くのも面倒に思い、口先だけでお祝いの言葉を言っていたからです。

 それ以来、姑のプレゼント選びは、子どもたちと相談して本当に喜んでくれそうな物を探すようになりました。以前よりは、姑との関係は良くなったような気がしています。

(ファンファン福岡公式ライター/牧野ゆか)

※掲載されている情報は、2020年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  5. 5感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒し…
    ファンファン福岡編集部
  • トップ
  • 「ママのこといじめるよね」―嫌味な姑を笑顔にし…