総菜パンにスイーツ系パン。豊富なバリエ「BAKERY タツヤ」

 遠方からもパン好きが訪れるこだわりのパン店が福岡市南区にあると聞き、「BAKERY タツヤ(ベーカリータツヤ)」を訪れました。どんなパンに出合えるか楽しみです!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

 静かな住宅街にあるガレージ風の白い建物。広いパーキングには、車でやって来るお客さんが続々と現れます。市外や県外からの常連客もいるという「BAKERY タツヤ」さん。

 店内は木製の床や棚がナチュラルで落ち着いた雰囲気。焼きたてのパン約80種類がディスプレー台に並びます。

 カウンターの向こうには広めのオープンキッチンがあり、スタッフが忙しそうにパン作りに励んでいる様子が目に飛び込んできます。

 同店では、季節ならではのパンが味わえます。例えば、夏はコーンや枝豆を使った、あっさり味のパン。秋・冬には冬野菜のラタトゥイユを包んだ、比較的重めの味わいのパンなど。

 「旬のフルーツや野菜をそのまま使ったり、ペーストにしたり。大型のパン店にはできないこまやかなパン作りで、季節感を表現しています。食べたいパンってシーズンによって変わりますよね。自分だったらどんなパンが食べたいかなと考えながら作っています」とオーナーの高嶋啓多さん。

総菜パンいろいろ

 総菜パンのバリエーションが豊富な同店。

 サンドイッチは10種類(税込み 420円~)あり、中身はキャロットラぺとツナ、タマゴとロースハム、エビとアボカド、牛カツ、トンカツなど。ファンが多く、土・日曜は約120個が完売するそうです。私はボリューム満点でカレー風味の「Yorgoさんの牛スジのポテトサラダのサンドイッチ」(480円)が気に入りました。

 ほかにも「新玉ねぎローストとツナのポテトフランス」(300円)、「新ごぼうと4種チーズのソフトフランス」(300円)、「生ベーコンバトン」(150円)など、どれも食欲をそそられるネーミングで目移りしそう!

季節の素材を使ったブリオッシュはまるで洋菓子

 ソフト系パンの代表格、ブリオッシュ(250円~)は約10種類。「栗とコーヒーのブリオッシュ」(200円)、ピスタチオペーストを混ぜたカスタードクリームとイチゴの「いちごのブリオッシュ」(300円)など、魅力的なラインアップがずらり。食べ比べしたくなりました。

「レモンブリオッシュ」(左250円)、「4種類のドライフルーツのカンパーニュ」(280円)

 「レモンブリオッシュ」は、ブリオッシュ生地に小さなレモンピールが散りばめられ、食べると爽やかな香りがフワッと広がります。

 「4種類のドライフルーツのカンパーニュ」は、4種類の小麦粉をブレンドしたシリアル入りの生地に、レーズン、カレンツ、イチジク、オレンジが入った店主の自信作です。

「りんごとマスカルポーネのパン」(左 300円)、「クリームパン」(中央180円)、「メロンパン」(160円)

 メロンパンは2種類。プレーンなメロンパンは薄いクッキー生地にグラニュー糖のやさしい甘さで、何個でも食べられそう! ホイップクリームを入れた「生クリームメロンパン」(250円)も人気です。以前、メロンパンラスクを作ったこともあるそうです。今後も進化するメロンパンに期待がふくらみます! 

 クリームパンは同店の定番。丁寧に練って仕上げたカスタードクリームは、なめらかな口溶け。子どもの頃に食べたクリームパンを思わせる、どこか懐かしい味です。

 「りんごとマスカルポーネのパン」は、生クリーム食パンの生地にシロップ漬けした青森県産リンゴを練り込み、アーモンドクリームをかけて焼き上げられています。アーモンドの香ばしさやリンゴの酸味がアクセント。

「ブルーべリーとクランベリーのベーグル」(左250円)、「FIGOさんのミートソースと2種のチーズパン」(320円)

 モッチモチ食感の「ブルーべリーとクランベリーのベーグル」は、ブルーベリーピューレを練り込んだ生地に、ブルーベリーとクランベリーの粒を混ぜています。ベリーの風味をしっかり感じられるぜいたくなベーグルで、クリームチーズ入りもあります。ベーグルの種類は今後少しずつ増やしていくとのこと。

 期間限定の「FIGOさんのミートソースと2種類のチーズパン」は、グリュイエールとマリボーチーズを使用し、パン粉とオリーブオイルを付けて焼いた上品な味。福岡市中央区のイタリアレストラン「FIGO」とのコラボです(販売終了日は未定)。今後もいろんなコラボ商品を展開するそうなので楽しみですね!

食パンは売り切れることが多いので早めに予約を

 総菜パンのほかに看板なのが食パン。小麦粉は北海道産「ユメチカラ」福岡県産「ミナミノカオリ」、米国産「イーグル」などを配合。ライ麦から作った酵母を使うことで香りが続き、1週間は柔らかく食べられるといいます。

 「生クリーム食パン」(1本600円)、「食パン」(1本600円)は1日に2回、それぞれ20本ずつ焼き上がります。ほかに「ハードトースト」(700円)、「ブリオッシュ食パン」(660円)、「シナモンレーズン食パン」(660円)、「オレンジ食パン」(660円)など約6種類。

「明太フランス」(中央250円)、「高過水パン」(右260円)、「食パン」(ハーフ300円)

 ピリ辛風味がクセになる「明太フランス」には、めんたいこペーストがたっぷりイン! 生地の外側のカリカリとした食感とバターのうま味のバランスが絶妙で、ファンが多いのも納得です。

 ルヴァン種を使用した「高過水パン」は、引きの強い生地と程よい酸味、香りが特徴。そのままでも、薄くスライスして焼いて食べても良し。ワインのお供に。

パイ生地がサクサク! 意外にボリューミーな「コルネ」(200円)

 注文を受けてからクリームを中に詰める「コルネ」(200円)は、水気を飛ばしたサクサクのクロワッサンの生地に、キルシュ入りカスタードクリームがたっぷり入った一品。手土産にぴったりです。

 店の外には緑に囲まれたウッドデッキが。購入したパンをゆっくり食べられるテラス席が6席設けられています。晴れた日にくつろげるスペースです。

 ここではこれまでに、ワインに合う料理とパンを紹介する「ワインの夕べ」などのイベントを開催し、好評だったとか。

 今後はコーヒー豆専門店と提携してコーヒーやカフェラテを提供できるように計画中。現在はイートインは休業中です。再開が待ち遠しいですね♪

BAKERY タツヤ

住所:福岡市南区花畑2-45-29
電話:092-408-7760
自粛期間特別営業:10:00~17:00 ※イートインは休業中、テークアウトのみ
月・火曜休
※自粛要請によって営業時間が変更される場合あり。詳しくは店舗サイトなどで確認を

※掲載されている情報は、2020年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「チョコレートショップ」がパリ出店!3代目佐野恵美子さ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3子どもの携帯代が高いと思う方へ ~私は、100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【続編】子どもの携帯代が高いと思う方へ~100万を高1…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部