創業47年の青果店のドリンクやサラダカップ!【ヨシダシェイカー】

 美野島商店街(福岡市博多区)内の人気の青果店「吉田青果」が手掛ける「YOSHIDA SHAKER(ヨシダシェイカー)」(同区)は、4月にオープンしたテークアウト専門店。野菜と果物を手軽においしく食べてもらおうというのがコンセプトです。

美野島商店街内の吉田青果店のそばにオープンした「ヨシダシェイカー」

 「博多のおばあちゃんが、吉田青果を発音すると“よしだしぇいか”に聞こえますよね。オーナーはそれをヒントに店名を思いついたそうですよ」と笑うスタッフの守田綾さん。野菜のプロが考えたスムージーなどのドリンクが楽しめます。野菜がたっぷり使われているので「健康増進に役立ちそう」と毎日訪れる近所の常連客もいるそうです。

 店のイチオシは、「レッド」「グリーン」「イエロー」と3色選べる「ヨシダシェイカー」(税込み400円)。野菜と果物をふんだんに使ったスムージーで、砂糖など甘味料を使わない自然な甘さを味わえるのが特徴です。

 女性に人気の「レッド」はビーツやトマト、ニンジン、ザクロなどカロテンたっぷりの赤い野菜が豊富に使われています。

スペイン生まれの見えるオレンジ搾り機「zumex」のジューサー。フレッシュなおいしさが楽しめます

 「グリーン」はケール、ブロッコリー、小松菜、セロリ、リンゴ、キウイなど約10種類の素材が入り、爽やかな甘さで一番の人気だそうです。

 今回、ちょっと珍しい「イエロー」を頼んでみました。素材はカボチャ、レタス、バナナ、パイン、リンゴ、レモン。光のダメージから肌を守るといわれるルテインがたっぷりのスムージーで、まろやかで濃厚な甘みと爽やかさのバランスが絶妙! とろりとしたのどごしも、クセになりそうです。

 他にも、ネーブルオレンジとブラッドオレンジを丸ごと搾る「季節の生搾りオレンジ」は、オレンジ4、5個分の果汁が1カップに入っていて400円という値段で、さすが青果店直営。

 ショーケースには、約8種の野菜と酢のうまみだけで漬けて赤大根の自然の赤色を生かした「ピクルス」(180円)の他、「季節のスティックサラダ」(220円)と別売りの「辛味噌ディップ」(80円)、カップに入った果物たっぷりの冷たいデザート「カップフレンチトースト」(350円)などがにぎやかに並び、どれもそのお手ごろ価格に驚かされます。

 これからの季節のおすすめは「ソフトクリーム」(220円)。平飼いされた鶏が産んだ新鮮な赤卵を濃厚なカスタードに仕立て、ソフトクリームに練り込んだ極上のおいしさ、との説明を聞いて、近々また訪れようと心に決めました。

 新鮮な野菜やフルーツで体の中からキレイに、そして健康に。フレッシュなおいしさをテークアウトしませんか。

YOSHIDA SHAKER(ヨシダシェイカー)

住所:福岡市博多区美野島2-8-25
電話:なし
自粛期間特別営業:12:00~18:30
日曜、祝日休
インスタグラム:@yoshida_shaker
※自粛要請によって営業時間が変更される場合あり。詳しくは店舗サイトなどで確認を

※掲載されている情報は、2020年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その拾陸(じゅうろく)「姿見」
    チョコ太郎
  2. 2祖母が語った不思議な話・その拾伍(じゅうご)「二十年後」
    チョコ太郎
  3. 3祖母が語った不思議な話・その弐拾(にじゅう)「勧進さん」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その拾玖(じゅうきゅう)「四ツ…
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その拾捌(じゅうはち)「新しい…
    チョコ太郎