クリッカートレーニングって何? 褒めて伸ばす犬のおすすめ訓練法

 犬と楽しくトレーニングをしたい! そんな人には「クリッカートレーニング」がおすすめです。同トレーニングで犬の訓練を約10年続けている私が、概要や実践方法を紹介します。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

「クリッカー」という道具を使って訓練

Nachobillyanna

 クリッカートレーニングとは、ボタンを押すとカチッと音が鳴る「クリッカー」という道具を用いたトレーニングです。犬が正しく行動したときに褒めて伸ばすやり方で、飼い主と犬が一緒に楽しく取り組めます。

 わが家の犬もこのトレーニングが大好きで、クリッカーを見るとうれしそうにバタバタします。犬がトレーニングを楽しんでいるのを見ると、飼い主まで楽しい気持ちになります!

クリッカートレーニングの方法

 進め方はとても簡単で、初心者でも取り組みやすいものです。最も大切なポイントは「クリッカーの音=いいこと」と犬に認識させることです。犬がクリッカーを「いいこと」と認識すると以下のような連鎖が可能になります。

犬が正しい行動をする

飼い主がクリッカーを鳴らし、ご褒美をあげる

犬はクリッカーが鳴らされたときの行動(正しい行動)を「ご褒美がもらえる行動」と認識する

犬はもっとご褒美をもらうために「正しい行動」を繰り返す

 このように、クリッカーの音は犬に「正しい行動」をしている合図となり、犬は飼い主がしてほしいことを明確に知ることができます。それによって、犬は「正しい行動」を繰り返すようになり、その行動が強化されます。

<例>クリッカーで「おすわり」を教える

 犬に「おすわり」を教える場合、「正しい行動=おすわり」です。

 犬がおすわりをしたら、飼い主はクリッカーを一度鳴らし、犬にご褒美をあげます。犬は「おすわり」をしたときにクリッカーが鳴らされたことで、「おすわり=いいこと」と学び、さらにたくさんのご褒美をもらうために、おすわりを繰り返すようになります。

 わが家では、おすわりはクリッカーを使わずに教えましたが、他の芸を教える際にはクリッカーが大活躍しています。クリッカーを使えば、「足をあげた瞬間」「鼻でターゲットを触った瞬間」などをピンポイントで褒めることができるので、犬にも分かりやすく、スムーズにトレーニングが進みます。

トレーニングを始める前の下準備

pixabay

 クリッカートレーニングを始める前に、「クリッカーの音=ご褒美がもらえる」と犬に覚えさせる下準備が必要です。

 静かな慣れた場所で犬と向き合い、「クリッカーを鳴らす→すぐにご褒美をあげる」を20回ほど連続します。これを1日に2回、3日ほど続けましょう。

 クリッカーを鳴らすと犬が「ご褒美?」と期待した顔で飼い主の方を見るようになれば、クリッカートレーニングの下準備は完了です。

pixabay

 このようにクリッカートレーニングについて簡単に解説しました。案外簡単で、犬と飼い主の両方にとって楽しく、ゲーム感覚で取り組めます。犬と新しいことに挑戦したい人は、クリッカートレーニングを試してみてはいかがでしょうか。

(ファンファン福岡公式ライター/Nachobillyanna)

※掲載されている情報は、2020年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1レジ袋使わずに生ごみ処理! 簡単な方法とは?!
    Mochico2408
  2. 2簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4大人げない…運動会で熱心過ぎるママにドン引き
    ファンファン福岡編集部
  5. 5お出かけ時用マスクフォルダを100均クリアファイルで作…
    ちあきんぐ