優しい甘さのふわふわマフィン【One Dot Muffin.】

 福岡地下鉄六本松駅から徒歩約8分、静かな住宅街にあるカナディアンマフィン専門店「One Dot Muffin.(ワンドットマフィン)」(福岡市中央区)。3月8日にオープンしたばかりです。優しい甘さとふわふわな食感がほっこりした時間を届けてくれる、店主手作りのマフィンが並びます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

六本松駅から徒歩約8分の静かな場所にあります

 店主の小宮亜希子さんは、以前、イギリスに住んでいた時にマフィンが大好きになり、たくさん食べていたとか。東京のカナディアンマフィン専門店でマフィン作りを一から学んで経験を積んだ後、出身地でもある福岡県に戻り、お店をオープンしました。

住宅街なので散歩の途中に寄る人も

 国産小麦の生地に、きび砂糖、新鮮なフルーツやナッツをふんだんに使ったマフィンを常時4~7種類ラインアップ。毎朝、小宮さんが一人で焼き上げています。

 「子どもから大人まで、幅広い世代に安心して食べてほしい」と保存料やマーガリンは使わずに、体に優しいマフィン作りにこだわっているそうです。

季節限定の「いちご&クリームチーズ」など4~7種類が並びます

 「トリプルチョコレート」(310円)にはミルクやダーク、ホワイトの3種類のチョコレートがたっぷり使われ、「ブルーベリー」(340円)にはサクサクした食感のクランブルがのっています。

 すりおろしたニンジンをふんだんに入れた「キャロット&クリームチーズ」(310円)や「キャロット(クリームチーズなし)」(280円)など、定番のメニューから日替わりで店頭にお目見えします。

ふわふわのマフィンが待っています

 ほかに旬のフルーツを使った季節限定のマフィンも加わり、来店する度にバラエティーに富んだ味が楽しめます。

 今は、新鮮なイチゴをたっぷりと使った季節限定の「いちご&クリームチーズ」(340円)がおすすめ。小宮さんのイチオシです。

店主の小宮亜希子さん

 購入したマフィンは、当日内に食べるのが一番ですが「翌日以降は、レンジで15秒ほど温めてください」とのこと。「特にトリプルチョコレートは、チョコレートがトロ~ンと溶けて絶品ですよ」と小宮さん。ぜひ試してみたいですね。

 マフィンが売り切れ次第、お店は終了です。昼頃には、売り切れになるマフィンもあるというので、早めの来店をオススメします。

手前左「いちご&クリームチーズ」、右「トリプルチョコレート」
後方左「ブルーベリー」、右「キャロット&クリームチーズ」

 近くには公園があり、犬の散歩のついでに来店する人も。店舗の外壁には、ペット用のリードフックが設置されているので、ペットを外でちょっとだけ待たせての買い物もOK。安心してマフィンを選べますね。

外壁にはリードフックが設置されていました

 「甘いものは、人を笑顔にする力があります。おいしいマフィンで、ふとした日常に笑顔を添えられたら」と小宮さん。小宮さん自身もまるでマフィンのように、ほんわかした優しい雰囲気のすてきな方でした。

One Dot Muffin.(ワンドットマフィン)

住所:福岡市中央区六本松4-6-35 オークヒルズ1階 
電話:ナシ
営業:月曜・木曜・金曜11:00~16:00、日曜10:00~15:00
※自粛要請期間中は月、木、金曜11:00-13:30で短縮営業。日曜休。
※売り切れ次第終了
インスタグラム https://www.instagram.com/onedotmuffin/

※掲載されている情報は、2020年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5高地環境で効果的! 体験会をリポ♪【テトラフィットホワ…
    ファンファン福岡編集部