福岡生まれのクラフトビールを世界へ!「FUKUOKA CRAFT」先行発売クラウドファンディングがスタート

有名メキシコ料理店「エルボラーチョ」グループが手掛ける、福岡市・大名のど真ん中で作られるクラフトビール「FUKUOKA CRAFT(フクオカクラフト)」。この「FUKUOKA CRAFT」と本場「ポートランド」の醸造所とコラボレーションによるオリジナル缶ビール(ペールエール)の発売を記念した、先行発売クラウドファンディングがスタートしました。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
FUKUOKA CRAFT

FUKUOKA CRAFT とは

FUKUOKA CRAFT

福岡市・天神のブリューパブ「FUKUOKA CRAFT」に併設された醸造所で作られるオリジナルビールが、店舗と同名の「FUKUOKA CRAFT」です。
その「FUKUOKA CRAFT」の中でも特に人気が高いペールエールが、缶ビールとして商品化されることになりました。

FUKUOKA CRAFT

ペールエールの特徴

ペールエールは、ホップ由来の程よい苦味と、柑橘系の香りを感じる美味しいビールです。
アメリカンペールエールは元来、ホップとモルトのバランスをとるのが主流ですが、「FUKUOKA CRAFT」は、モルトを軸にしてホップの香りと味が楽しめる独自のスタイル。

苦味は控えめで、幅広い世代から支持を集めています。
アメリカ産のMosaicとCitraホップによる柑橘系フルーツ、杏やマンゴーのハーモニーが楽しめるクラフトビールです。

クラウドファンディングの背景

ビールは発酵熟成させるのに2週間程要しますが、FUKUOKA CRAFTの醸造所にある6つのタンクのうち、発酵タンクは2つしかありません。現状の生産ラインでは、1か月に2,000リットルしか造ることができない状況です。
手狭な大名の醸造所では供給に限界があり、他の醸造所の協力を得てビールの供給を行う他、「FUKUOKA CRAFT」を増産する手立てはありませんでした。そこで、クラフトビールの本場「ポートランド」の醸造所とコラボレーションし、生産を試みました。

今回のコラボ生産を担ったのは、FUKUOKA CRAFT の醸造職人であるアメリカ人・デビッド ビクターさん。
福岡と母国アメリカをクラフトビールで繋ぐ架け橋として活躍しています。

FUKUOKA CRAFT

醸造所の職人 デビッド・ビクターさん

集まった資金の使い道

缶ビール第1弾の「ペールエール」発売後、第2弾「ヘイジーIPA」、第3弾とシリーズを福岡とポートランドの醸造所でコラボレーションして、発売していく予定です。
集まった資金は、そのための諸費用に使用(All-in方式)。

【予定】
・2020年4月下旬 クラウドファンディング締め切り
・2020年5月上旬 リターン(ペールエール)の発送
・2021年 めざせ!第2弾ヘイジーIPA発売目標

リターンについて

クラウドファンディングで賛同した人には、一般販売に先駆けて「FUKUOKA CRAFT ペールエール」が届きます(6000円の支援から)。
※リターンの内容によっては、クラフトビールファンに人気のオリジナルグラス(タンブラー)やTシャツもセット

ブリューパブ『FUKUOKA CRAFT』

住所:福岡市中央区大名1-11-4
電話:092-791-1494
時間:17:00〜翌2:00(土日祝は15:00〜)
定休:無休

※掲載されている情報は、2020年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【別府温泉が、おうちに届くキャンペーン中!】話題沸騰!…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  3. 3なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4お出かけ時用マスクフォルダを100均クリアファイルで作…
    ちあきんぐ
  5. 5【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部